70mmの望遠マクロ

キヤノン・EOS 6D+EF24-70mmF4L IS USM

 たった1本のレンズで、広角でも望遠でも撮影ができて、近いところにも遠いところにもピントが合わせられるというのが「理想のレンズ」の条件の1つだ。
 理想のレンズのためには、光学的条件としてこのほかに、収差がないこと、色に偏りがないこと、正確にピントが合うこと、などたくさんの条件があるが、それはさておき、広角/望遠/至近/遠景の被写体を自由自在に撮影ができるレンズであればあるほど、機能的に一歩も二歩もわたしたちの「眼」に近づいてきてくれる ―― レンズが「眼」の延長あるいは代用だとすれば、の話だが、しかしこれに異論があることは承知のうえ。

 EF24-70mmF4ズームレンズは ―― むろん「理想のレンズ」だとはまだまだ言い難いが ―― 光学的にも機能的にも「理想」に(わずかだが)近づいて来ているところもあって、ぼくはソコに魅力を感じているわけだ。
 たとえばマクロ撮影機能。コンパクトデジタルカメラに内蔵のレンズでは珍しくもないけれど、昔のレンズ交換式のズームレンズにはマクロ撮影の切り替え機構を組み込んだものが多くあったのだが、いつごろからだろうか、だんだんと少なくなっていて残念に思っていた。


 EF24-70mmF4ズームを手にしてマクロ撮影機能を試したとき、なんだかとても懐かしい感じがして、やっぱり便利だよなあ、「眼」に近づいたよなあ、と感じ入った次第だ。使い勝手もすこぶる良かったし、マクロ撮影での写りも(予想以上に)良かった。

 レンズ鏡筒の右側にズームロックレバーがある。そのレバーがマクロ切り替えレバーを兼用している(これはグッドアイディアだ)。レバーをカメラ側に引けばズームがロックされて自重でレンズが伸びることがない。そのレバーをレンズ先端方向に押しながら、ズームリングを70mm望遠側からさらに回転するとマクロ撮影モードに入る。レバーはこんなふうだ。
 左手でズームリングを持ち、カメラグリップをホールドした右手の指先で(中指がイイかな)レバーを押す。レバーを押し込みながら、ちょいっとズームリングを回転するだけで容易にマクロ撮影モードにセットされる。こう書くと、ナンだか操作がヤヤこしそうだけど、いや、決して難しくはない。じつにスムーズに操作できる。

 マクロモードでは焦点距離70mmで、いわゆる望遠マクロになる。マクロ域ではズームリングが少し回転するが焦点距離は70mm固定(だと思う)。ズーミング(というのもヘンだけど)とフォーカシングの両方を操作することでピント位置が変えられる。もちろんAF可能。撮影可能距離は0.2~2.3メートルの範囲。通常撮影距離は∞から0.38メートル…。

 うーん、このズームレンズ、ハイブリッドISもあったりして、そのほかにもたくさん説明したいことがあるんだけど、ま、きょうはこのへんで。