ぼくの宣伝をいくつか

ペンタックスリコー・PENTAX Q10+02 STANDARD ZOOM

 Q/Q10の交換レンズの名称について、どうして焦点距離数値などを隠してワケのわからない抽象的な名称にしているのだろうか、という ―― 「01 スタンダード プライム」とか「02 スタンダード ズーム」というアレのことだ ―― その理由について、ペンタックスリコーの担当者に聞いておきますねと先日、ここで約束していた。
 そんなこと、とうのムカシに忘れている人もいるだろうし、どうでもイイやと思っている人もいるだろうけど、そのQレンズの曖昧名称のなぞがわかった(というほど大袈裟なことでもないけれど)。

 理由はふたつある。ひとつは、Q/Q10のユーザーのことを考えれば5mmだとか8.5mmだとか、馴染みのない焦点距離数値をレンズに書いても混乱するばかり。望遠だよ広角だよズームだよ、といった"わかりやすい"レンズ名のほうがいいだろうと。
 しかし、たとえば実焦点距離ではなくて、もう少し馴染みのある35mm判換算での焦点距離数値を書くという方法もあったのではないか。実際、そうしているメーカーもある。ペンタックスリコーが言うのには、「将来、いま使用しているイメージセンサーサイズ(1/2.3型)よりも大きな(または小さな)サイズのセンサーを使う可能性もなくもないので、もしそうなったときに、いっそう混乱する」だろうから、というのがふたつめの理由だった。


 ところで、ここでふたつ、お知らせを。
 ひとつは、今週、1月31日から「CP+ 2013」が2月3日まで横浜で開催されるのだけど、そのイベントのペンタックスリコーのブースでQ10の話やら、それで撮った写真を見てもらう予定をしている。
 初日の1月31日(木)は「13:30~14:15」まで、2月1日(金)と2日(土)は「12:00~12:45」の時間帯でやるので、近くにお越しの時にどうぞ。今回は、Q10でこんなに愉しい写真が撮れますよ、と、たくさんの写真を見てもらうことがおもで、"油臭い(メカっぽい)"話はなしの予定。

 もうひとつのお知らせは、 『PENTAX Q10 クイックハンドブック』 (← Amazonに)という小さな本を出したこと。Q/Q10ユーザーのかたは、ぜひ一冊を、と、これはストレートな宣伝だなあ。一昨年末に「PENTAX Q クイックハンドブック」を出版したのだが、今回のものはそれを新型Q10に合わせて大幅にリニューアルしたもの。もともとQ10とQは撮影機能など共通点が多いので「PENTAX Q」のユーザーにも配慮した編集にしてもらっている。新書版とほぼ同じ大きさのコンパクトサイズなので(Q/Q10がコンパクトなカメラだからという意図はないのだが)、持ち運びやしやすい。
 どちらかといえば、カメラの初心の人向けの優しい内容になっているので、コムツカしい撮影技術が好きなベテランには向かない、かも。中身の一部はこんなふう。