キヤノンキヤノンキヤノン

キヤノン・PowerShot G7
 ナンだか、キヤノンのカメラばかりを使っておるようですけど、たまたま、なんですよ。でもねえ、キヤノンの夏、秋に発表した新機種はどれにも“話題”があっておもしろいことは確かです。それはともかく、いまコンパクトカメラに限らず他のメーカーの新製品がいくつもあって手つかず状態ですし、あまり大きな声では言えない“その他”の機種なども事務所の中にあって、でもそうした機種と遊んでいるわけにもいかずやらなくちゃならいことがたくさんあって少しやけっぱち状態なんです。
 で、それはそれとしてG7ですけど、使ってるうちにだんだんと好感度がアップしていきます。たとえばバッグの中にコンパクトを2?3機種ぐらい入れてふらふら歩いているときにも(だいたい数機種は持ち歩いてます)すぐにバッグから取り出してしまうのがこのG7です。ちょいとヤバいカメラです…。


 IXY DIGITAL 1000と同じく1/1.8型サイズの1000万画素です(ひょっとするとパナソニック製かも)。ところでコンパクトカメラに1000万画素もの高画素は必要ない、なんて、まだソンなことを言ってる人がいるらしいですけど本気なのかしら。高画素化するなどしてカメラが進歩発展したらなにか不都合でもあるんだろうか。カメラの高画素化に限らず、新しいデジタル写真表現についても、それは写真ではない、なんて化石的道徳倫理感を持ち出してむちゃを言う人もいるようですけど…ま、いいや、いつの時代にも新しいこと時代が変化することに対して闇雲にブレーキをかけようとする古典的右翼はいるんだもんね。えーっとG7はIS機構内蔵の6倍ズームレンズを持ってます。レンズ描写特性のせいなのだろうか、ややシャープ感の強い硬めの描写です。だから解像感はとても高い。ぼくとしてはもう少し柔らかめの描写のほうが好みなんだけど、そうするとネムいとかピントが合ってないとか文句を言われるんだろうなあ。
 G3からG6まで続いたグリップがこのG7ではなくなってホールディング性が少し心配だったけどそれは杞憂でした。グリップがなくてもホールディング感はとてもよろしい。なお、シャッター音をフィルム一眼レフのF1またはT90からサンプリングした擬音から選ぶことができるのだけど、その両機種の愛用者のぼくとしては「だいぶ違うぞっ」とクレームを付けたくなりました、どーでもいいことだけど。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL