スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片手でつまめる「150~600mm」超望遠ズーム

オリンパス・OM-D E-M5 + M.ZUIKO DIGITAL 75~300mmF4.8~6.7 II

 追伸というか、言い訳というか。
 光学系は旧型も新型もまったく同じだと前回、書いたけれど、新型には新しく「ZEROコーティング」が施されておるんですね。これで、フレアーやゴーストを抑えることができ、よりクリアーな画像が得られる。新しいレンズコーティング技術は、実質的な光学系を改良するよりも効果がある場合もある。このZEROコーティングについては、ここを読んだ人から指摘されました。ぼくの知識不足でありました。


 旧型の75~300mmは、持ってはいるがほとんど使うことはなかった。その理由はミラーレスカメラと望遠レンズの相性がイマイチよろしくなかったからだ。PENシリーズに限らず多くのミラーレスカメラはファインダーを内蔵しておらず、撮影スタイルとしては両手でホールドしたカメラを「宙空」に浮かせ、ボディ背面のモニター画面を見ながらフレーミングするわけだけど、望遠になるほどコレがうまくいかない。

 さらにワルいことにPENシリーズのカメラは、いわゆるライブビュー状態のモニター画面では手ブレ補正が満足に働かない。このため、ぶるぶるびりびりと画面がブレて、フレーミングが定まらない。それでなくてもカメラは宙空で不安定なのに、ますますフレーミングがしづらい。
 ところがOM-D E-M5だと、ファインダーが内蔵されているため顔の一部にカメラを密着させて構えることで、より安定した「三点支持(両手と顔)」ができる。さらに、手ブレ補正がライブビュー中から効いているため画面がタイヘンに安定している。


 望遠レンズになるほど手ブレやすくなる。この手ブレを目立たなくする方法は、三脚などカメラを固定する道具を利用する、シャッタースピードを高速にする、そして手ブレ補正機能を利用するなどだ。
 OM-D E-M5には、いままでのPENシリーズとは「ひと桁」違う効きの良い手ブレ補正が備わっている。高感度画質もかなり良くなったので、高速シャッタースピードのために積極的に高ISO感度を選ぶこともできる。手ぶれ防止のための機能が揃っている。

 というわけで、あの使いにくい150~600mm相当の超望遠ズームレンズだったのが、E-M5と組み合わせて使ってみると、ぼくは「おおっ、こんなに使いやすかったのか」と新発見した次第だ。
 150~600mm相当の画角をカバーするレンズなんて、フィルム時代のことを考えれば、街角でちょいとスナップ撮影なんてことは到底ムリだった。それがどうだ、この75~300mmを使えばるんるん鼻歌交じりで街角スナップができるではないか。ほら、これを見よ。150~600mm相当の超望遠ズームレンズ2本が片手で「つまめる」ほどに小さく軽いのだ。
 なお、左側が新型75~300mmで、右側が旧型。くどいようだけど、新型も旧型も中身(光学系)は同じ、しかし、価格は新型が安い。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。