ソニー・HX50Vとキヤノン・SX280HSを比べる

キヤノン・PowerShot SX280HS

 このSX280HSも、フラットスタイルの高倍率ズームレンズ内蔵コンパクトカメラ。ソニーのHX50Vと大きく異なる点は ―― ぼくが興味を持った点に限定だけど ―― (1) 25~500mm相当の光学20倍ズーム(ソニーのほうは24~720mm相当の光学30倍)、(2) イメージセンサーは1/2.3型の約1210万画素である(ソニーは1/2.3型の約2040万画素だ)。
 (3) 大型量販店での実販価格は約2.5万円(ソニーのHX50Vは3.5万円から4万円ぐらい)、(4) デジタルズームでは最大2000mm相当の80倍まで(HX50Vは最大2880mm相当で約120倍まで)、(5) 光学ズーム望遠側の通常での最短撮影距離は1メートル(ソニーのそれは2メートル)。


 使い勝手については、とくに超望遠にしたときのフレーミングのしやすさ、AFのピントの合わせやすさ、近いところを撮るとき、などについてはキヤノン・SX280HSのほうが良かった。レスポンスもSX280HSのほうがきびきびした印象でいい。しかし、ズーム倍率(デジタルズームも含めて)や画素数の点ではソニー・HX50Vのほうに魅力を感じる。描写性能はHX50Vのほうがいい。ただし価格は1万円以上と、だいぶ違うってソニーのほうが高い。

 ソニー・HX50VにはNEXシリーズと同じ「マルチインターフェースシュー」が備わっていてそこに外付けのEVFが取り付けられるという魅力もあるけど、ま、とりあえず高倍率フラットスタイルカメラを試してみようという人、ソニーのHX50VかキヤノンのSX280HSかどちらがいいだろうかと迷っている人には、キヤノン・SX280HSのほうが"おすすめ"かも。

 と、言い切ったけど、HX50VとSX280HSとの2台を比べたハナシであって、これらのカメラ以外にも「魅力的な高倍率フラットスタイル」カメラはありそうだから、慌てないほうがいいかもね。