E-M1の回折ほけ補正、その4

オリンパス・OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL12~40mmF2.8




 E-M1の回折ぼけ補正はON/OFFができず、常時ONとなっている。回折ぼけ補正がどれくらいの効果があるものかを知る方法がある。

 方法はOM-D E-M5やPEN P5などを使って ―― どちらもE-M1と同じ約1600万画素 ―― 完全に同じ条件で撮影をしてその画像を比べてみればいい。
 ただし、このふたつの方法は「厳密な意味で言えば」正しい比較方法ではない。その理由は、カメラ内の画像エンジンとRAW現像ソフトのエンジンと微妙に異なるためと、E-M1とE-M5やP5の画像エンジンもまた異なるためだ。

 そうしたことを理解、納得した上で新ズーム12~40mmF2.8を使ってE-M1とE-M5で撮影をしてみた。がっしりした三脚を使い、AFじゃなくMFにして拡大表示でピントを正確に合わせて、F5.6からF22まで絞り値を変えて撮影した。
 結果は歴然とした違いだ。

 F5.6あたりでは双方互角であるが、F8あたりからはE-M5の画質(コントラストと解像感)が急激に低下する。対してE-M1は、"そこそこ"がんばっている。F11やF16の画像を拡大して見ると、さすがにE-M1の解像感も低下してはいるが、いっぽうのE-M5はといえば「へろへろ画像」で、おおっ回折ぼけ補正がこんなにも効果があるのか、とびっくりさせられた。

 興味のある人は実際に試してみるとよろしいでありましょう。

 補足 ―― 被写体は遠景の高周波成分に狙いを定めること。近距離で低周波のものを写しても、ほとんど効果はわからん。