初のリミテッド・ズームレンズ

リコーイメージング・ペンタックス K-3+HD DA20~40mmF2.8~4.0 Limited

 @niftyメルマガ「明日からの写真術」の第3回を発行。
 「新製品のここに注目!」は富士フイルムのインスタントカメラ・チェキ(Neo Classic)を取り上げ、そのカメラの解説とともに、今後の富士フイルムのカメラの課題なども…。そのほか、「露出補正のすすめ」や身近な場所のスナップ術など。興味のあるかたは、ぜひ購読を。




 待ちに待った ―― 何年も前から「作ってください」とお願いし続けていた ―― リミテッド・レンズシリーズの初めてのズームである。
 外観のデザインもいいし、操作性も、もちろん描写性も大変にいい。ズーム倍率もほどほどに抑えた無理のないズームで、描写はリミテッドレンズのテーマに沿って少し軟調ぎみで(だけど解像力は充分にある)ナチュラル。ただひとつの(贅沢な)不満点は「軽すぎる」こと ―― 良いこと、なのかもしれないけど。

 質感の高い金属仕上げなので、ズシッとした中身の詰まった「持ち重り」のするレンズだろう、と予想して持つと、意外と軽くて少し拍子抜けした。企画担当の人に「鉛のダミーウエイトでも詰め込んでおけば」と冗談を言ったほど。
 ブラックとシルバーの2タイプがあるが、ぼくは迷うことなくブラックを選んだ。両方のレンズを見せてもらってK-3(ブラックボディ)に取り付けてみたら文句なしにブラックタイプの20~40mmのほうが良く似合っていた。

 このズームレンズ、ニコンDfと並べて見てみると、予想以上に奇妙なほどマッチングが良さそう。コレとも、とってもお似合い。