絞り開放で撮るのがおすすめ

リコーイメージング・ペンタックス Q7+PENTAX-08 WIDE ZOOM

 @niftyのメールマガジン「明日からの写真術」の第4回目を配信。今回の目玉記事は、Nikon Dfについて考察、です。
 Dfの「意味」などについてあれこれ考えてみました。そのほか、今回は内容が多様。




 この広角ズームレンズは、Q/Q10よりもイメージセンサーの大きなQ7と組み合わせるほうが"より広角"で撮れる。だからQ7とのほうがマッチングはいい。逆に、06 TELEPHOTO ZOOMのような望遠ズームではQ/Q10のほうが"より望遠"で撮影ができる。
 というと、センサーサイズのことを持ち出して、あーでもないこーでもないと理屈を述べる人もいるだろうけど、いいじゃないの、そんな堅苦しいこと言わないでくださいよ。Qシリーズのカメラシステムは、愉しさがイチバン理屈はサイゴ、ってもんじゃないのかなあ。

 絞り込んで撮らないほうがいい。開放絞りで撮るのが画質がもっとも良い。

 「理屈っぽい」話になるが、イメージセンサーが小さいから回折現象の影響を強く受けてしまう。フルサイズ判やAPS-Cサイズ判のカメラを使っているつもりで絞り込んで撮ると、せっかくの優れた描写が損なわれる。これは、しょうがないこと。
 そもそも、センサーサイズが小さく超広角なので、開放絞り値で撮っても被写界深度は充分に深い。反対に、ぼけを生かした撮影のほうが(このレンズを使ってそういう気もおこらないけど)難儀する。

 もし、至近撮影距離で(ズーム全域で25センチ)、どうしてもパーンフォーカスを狙いたいなら、絞り込むのではなくピント位置に工夫したほうがいいと思う。「手前1/3・奥2/3パーンフォーカス原則」を利用することだ。