点像復元機能のON/OFF

富士フイルム・X-E2+XF 23mmF1.4

 お知らせ
 何度もくどいと言われるかもしれないが、1月4日から2年ぶりにぼくの写真展をやる。13日まで。PENTAX 645Dだけを使って東京とその周辺を歩き回り、撮りまくった写真をB2サイズで56点。『TOKYO東京TOKYO』。場所はリコーイメージングスクエア新宿。7日(火)だけは休館なのでご注意を。




 X-E2に採用の画像処理エンジン・EXR Processor IIもX100Sのそれと同じ。回折ぼけ補正の「点像復元」機能も同じくE2にも搭載されている。
 ただし、同じ点像復元機能と言ってもX100Sではレンズ固定式、X-E2はレンズ交換式である。設計上の難易度でいえば"ケタ違い"にレンズ交換式のほうが難しい。回折ぼけを補正するためにはレンズの情報が膨大に必要で、かつ、それをカメラボディ内にレンズ1本づつの情報を登録保存しておかなくてはならない。レンズ固定式なら1本のレンズ情報を持っていればよいだけだ。

 こうした回折ぼけ補正の機能を備えたレンズ交換式カメラは、現在、X-E2のほかにはソニーのα7シリーズとオリンパスのOM-D E-M1だけである(その、はず)。
 補正アルゴリズムはX-E2とα7シリーズとは同じくデコンボリューションの技術を使っているらしいが、E-M1はMTFコントラスト特性を使って(たぶん)画像処理をしていることが大きな違いだ。(デコンボリューション方式とMTFコントラスト特性方式との違いについてはハナシがややこしくなるのでここでは省略)

 X100SとX-E2でに点像復元機能には、もう1つ違いがある。X100Sでは点像復元はONのみでOFFにすることができなかった(E-M1もONのみ、α7は不明)。ところがX-E2では点像復元の機能をON/OFFどちらか選んで撮影することができる。

 せっかく搭載している回折ぼけ補正を"わざと"OFFにして撮ることの意味がどこにあるのだろうか。それが不思議でフジに聞いてみたら、「いままでXシリーズレンズを点像復元なしで使っているユーザーの中には、点像復元機能をOFFにすれば従来の"レンズの味"と同じ描写にすることができて喜ばれるだろう」と。そんな理由でON/OFFできるようにしたそうだ。で、その"レンズの味"の描写上の違いはと言えば、「ほとんどないでしょうね」とフジ。

 ほとんど違いがないようならONのままでいいじゃないか、とぼくは思うけど、いまのデジタルカメラのユーザーはきわめて多様化しているから、カメラメーカーのこうした「姿勢」は(いろいろとご意見もあるでしょうけれど)ソレはソレでイイんではないだろうか。