写真展、本日13日、最終日、午後4時まで

リコーイメージング・PENTAX 645D+FA645 33~55mmF4.5AL

 写真展『TOKYO東京TOKYO』は、本日(13日)が最終日。午後4時まで。ぼくは終日、会場にいますからどうぞ声をかけてください。もしご希望なら、随時個別のギャラリートークもやりましょう ―― たいした説明はできないけれど…。



江東区森下


 以下、写真展案内から。

 ---------------------------------------------------------------
 東京都内やその近郊のありふれた街中を歩いていると、とても印象的な景色に出会うことがある。
 どの景色も、時間と空間、色彩とカタチ、偶然と必然、奇抜と平凡が錯綜していて、これこそ「東京的景色」だと思わせられる。まるでホラー映画のワンシーンのような景色に出くわすこともある。

 撮影をしたあとに、もう一度撮り直しに、いや、見に行きたくなることも何度かあった。行ってみると、そのたびに強い力で惹きつけられて立ち去りがたい気持ちになる景色もある。
 撮影した場所を想い出せず苦労のすえ、ようやくその場所を探し当てても、たった数週間前のことなのに景色が忽然と消えてしまっていたこともあった。「夢だったのだろうか…」と錯覚させられることさえある。東京はいつも不思議がいっぱいだ。

 そんな東京的景色を「夢じゃないぞ」と、細かなディテール部分までを確実に描写したいとの思いを込めて、高解像力を誇る中判デジタルカメラ・PENTAX 645Dを使ってすべての撮影をおこなった。
 ---------------------------------------------------------------