光学ローパスフィルターとキヤノン・その1

キヤノン・EOS M2+EF-S18~55mmF3.5~5.6 IS STM




 キヤノンは光学ローパスフィルターには大変に「保守的」なメーカーである。その理由のひとつは高画素センサーを使っていないというのも考えられるが ―― 画素数が多くなるほど画素ピッチが小さくなりモアレ/偽色が目立ちにくくなる、その証拠に最近の高画素コンパクトカメラではほとんどの機種が光学ローパスフィルターレスである ―― そのこと以上に、キヤノンはモアレ/偽色が目立つことに対して過剰なほど神経質なところがあるようだ。

 いやそれとも、光学ローパスフィルターをなくしてもモアレ/偽色の発生を抑え込むような「画期的な新技術」を開発中なのかもしれない。その画像処理技術が完成したときに、いっきに光学ローパスフィルターの使用をやめる…てなことはないだろうね…。

 いずれにしても、ローパスフィルター保守派のキヤノンも、光学ローパスフィルターをなくすことは時間の問題だろうなあ、と、そんなことを考えていたら、このEOS M2は光学ローパスフィルターを1枚しか使っていないことを知った ―― 「そんなこと、皆んな知ってるぞ」と言われそうだけど。

 光学ローパスフィルターは2枚がワンセットになって、垂直方向と水平方向に位相を変えて光を分離する4点分離方式を採るのが一般的。ところがM2は垂直分離式光学ローパスフィルターが1枚だけ(なぜ水平分離でなくて垂直分離なのかについては説明がややこしくなるので省略)。

 ほら、これをよく見よ
 EOS M2の発表時に配布されたプレス用資料の中に"紛れ込んでいた"のを発見して、それをなにげなしに眺めていて「おおっ」と驚いたイラスト図だ。…つづく。