光学ローパスフィルターとキヤノン・その2

キヤノン・EOS M2+EF-S18~55mmF3.5~5.6 IS STM

 使ってみてナンの不満もない合格点カメラだけど、魅力が乏しい。「いい写真が撮れそうだぞ」と、ココロに訴えかけてくるナニかが欠けている。いったい、どーしてなんだろうか。




 前回のブログで紹介したEOS M2のイメージセンサーまわりのイラスト図を見ると、垂直分離式の光学ローパスフィルターが1枚だけしか描かれていない。
 EOS M2のプレス向けの発表説明の時には、光学ローパスフィルターを1枚にした、というようなことはひと言もなかった。なんのコメントもなくこのイラスト図が配られただけで、それがいかにもキヤノンらしい。

 このイラスト図を見て、光学ローパスフィルター保守派のキヤノンも、とうとう1枚の2点分離方式から手始めたか、とぼくは考えたのだけど、どうも様子がおかしい、なんとなくヘン…。
 そこで、あるルートを通じてキヤノンに確かめたら、なんとEOS Mから光学ローパスフィルター1枚だったという。さらに「別に驚くこともないですよ」とキヤノン。聞けば、Kiss X5/X50、Kiss7/7iも、光学ローパスフィルターは1枚にしているという。

 だいぶ前のことだけど、キヤノンカメラ開発のトップの人に「Kissあたりから光学ローパスフィルターをなくしてみたらどうですか?」と話しかけたことがあったが、そのとき「Kissだから外せないんですよ」と語っていたが(その理由は、聞かなかったけどぼくにはよーくわかる)、なんだ、いつの間にか1枚だけにしていたのか。

 なお、光学ローパスフィルターを1枚しか使わないカメラは、かってニコンにもペンタックスにもあった。解像感を損なわないこととモアレ/偽色の発生を抑制をすることを「天秤」にかけて採用されるわけだが、光学ローパスフィルターを使っていることにかわりはないから、今となっては、それほどアッピールできないのがキヤノンにとってツラいところか。