X-T1は「2014年度ぼくのカメラグランプリ」

富士フイルム・X-T1+XF35mmF1.4 R

 昨日からの大雪で、今日、15日のCP+の開催は中止になってしまった。昨日も横浜は、大雪が降り続き、近年ではほとんど経験がしたことのないほど来場者も少なかった。明日、16日の最終日はなんとか開催できるようですね。
 ぼくは2時半頃からリコーイメージングのブースで、参考出品しているNew645Dについて詳しい話をする予定(最終日だから、思い切って…)。




 X-T1は同じXシリーズとはいえ、X-Pro1やX-E1/E2とはだいぶ雰囲気の違うカメラに仕上がっている。従来のXシリーズのファインダーはボディ背面から見て左端に配置されていて「レンジファインダー式カメラふう」のスタイルだったのが、X-T1ではファインダーがボディ中心部にあって「一眼レフカメラふう」のスタイルになった。

 レンズ交換式のミラーレスカメラとしては、そのスタイルはオリンパスのOM-D E-M1と大変に似かよっている。その両方のカメラを同時に使ってみると、外観以外にも「おやっ?」と思うほど似ている部分も多い ―― 「どこが」と具体的に言うことが難しいのだが、まるで兄弟機種のような感覚さえする。いっぽうでX-T1は、ニコンのDfのようにダイヤルだらけのカメラでもある。ISO感度ダイヤルをダイヤル式にしているところなどもDfと同じスタイルだ。
 しかしX-T1にはE-M1やDfの「マネをした」とはぜんぜん感じなさせない独自性がある。

 それはいったいどうしてなんだろうかと考えてみたら「デジタルカメラとしてのバランスの良さと完成度の高さだ」というのがぼくの結論。
 たとえば操作系についていえば、まったく破綻がない。じつによく考えられている。重箱の隅をつついても、コレといってなにも出てこない、というほどのデキの良さなのだ。

 昨年、Nikon1 AWがぼくのカメラグランプリだ、と言っていたけれど、昨年3月から今年3月までの間で評価すれば、結局、このX-T1が「2014年度ぼくのカメラグランプリ」になってしまいましたよ。