沈胴式薄型小型電動標準ズームレンズ

オリンパス・OM-D E-M10+M.ZUIKO DIGITAL14~42mmF3.5~5.6EZ

 新型の14~42mmEZレンズは超薄型の沈胴式電動ズームレンズである。収納時の厚み(レンズ長)はたった2センチちょっとしかない。メインスイッチONと同時にレンズが伸びてスタンバイ状態になる。メインスイッチOFFにすると自動的に沈胴状態に戻る。




 レンズが伸びた状態のままで、レンズ交換しようとしてカメラボディから外すと、レンズは伸びきったまま。それを手動で沈胴状態に戻すことはできない。戻すには、再びカメラボディにセットする必要がある。
 だから、レンズ交換するには必ず、いったんメインスイッチをOFFにして沈胴状態にしてからおこなうことだ。こうした操作はオリンパスに限らずどこのメーカーのカメラもそうするのが一般的だが、ぼくはメインスイッチONのまま、どんどんレンズ交換するけれど、皆さんにはおすすめはしません。もしナニかおこってもオーンマイリスク。

 14~42mmEZはオリンパスの電動式ズームレンズとして2本目で、「沈胴式+電動式」にしたのははこの14~42mmEZが初めて。1本目の電動ズームレンズとしては12~50mmF3.5~6.3EZがある。ただし、この12~50mmEZは沈胴式ではない。長さはたっぷり約8センチもある。しかし、12~50mmEZのほうはズーミング操作を電動式/手動式が自在に切り替えられるのだが、14~42mmEZのほうは電動ズームのみで手動ズームはできない。

 だから14~42mmEZを使っていて、ズーミングに少し「もどかしく」感じることもあった。動画撮影時はともかく、静止画撮影のときにはズーミングは手動のほうがすばやくフレーミングしやすい。小型化を優先させたレンズだから無理な要望であることは百も承知千も合点のうえで、もし14~42mmEZが電動/手動の切替式ズームだったら"魅力5倍以上"だったろうなあ。

 こちらの写真に、左が12~50mmEZ、真ん中に新型14~42mmEZ、右が従来の14~42mm II Rである。沈胴状態から伸ばしたときも14~42mmEZが、いかにコンパクトであるかがわかるだろう。