あのレンズキャップは別売なんだ、と

オリンパス・OM-D E-M10+M.ZUIKO DIGITAL14~42mmF3.5~5.6EZ

 14~42mmEZ沈胴式電動ズームのズーミングは、ズームリングの回転角度で「強/弱」で2段階のズームスピードが変化させられる、というのだけど、何度やってみてもその違いがわかりにくい。はっきり言って電動ズームの操作感はよろしくはないぞ。




 ズーミングをスターとしたときにほんのわずかだけど、ヨッパライの千鳥足のように「ヨレる」のも気になる。ズームリングを回してズーミングをスタートさせる回転角度が深すぎるから、少しチカラを入れて回す必要がある。シャッターボタンのストロークがめちゃくちゃ長い(深い)のに似た感触。ゴムの緩んだパンツをはいているようで、どうもイカン。このへんの感触にもう少し注意を払ってほしかったなあ。

 比べるとレンズ自体は大きいけれど、12~50mmEZのほうがだいぶ感触も操作性もいい。その12~50mmEZは回転角度に応じて3段階のスピードが調整可能。ズーミングリングを軽くゆっくりと回すと大変に上品でスムーズなズームができる。
 なのに新型14~42mmEZは2段階のスピード調整可能のはずだが、ソレがうまくできない。そもそも2段階ではなくシングル、1段階じゃないのか、と思うほど。

 その14~42mm沈胴式電動ズーム専用の自動開閉式レンズキャップ(LC-37C)があるのだけど、これグッドデザイン賞ですね。とてもスマートにできあがっていて感心、感心。もちろん、ぼくは常時、付けっぱなしで外す気は毛頭ない。
 レンズキャップの裏側に小さな突起があって、押し込まれるとバリアが閉じ、解除されるとバリアが開く仕組みになっている。レンズが電動で伸びたときに突起が解除されてバリアが開くというわけだ。バリアの開閉はこんな具合

 ただし、この感心感心のレンズキャップは14~42mmEZの付属品ではなく、正々堂々胸を張って別売にしておるのだ、オリンパスは。約4千円。オリンパスって意外とケチというか始末屋さんなのだなあ。