スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EX-10かEX-100か、そりゃあ文句なしにEX-100だ

カシオ・EX-100

 @niftyのぼくのメールマガジン「明日からの写真術」の第12回を配信。今回のテーマは富士フイルム・XF56mmF1.2レンズの魅力、ペンタックスブランドのタムロンレンズの秘密(内容はかなりデリケート)、その他、撮影技法なども。カメラ雑誌などはもちろん、ブログやツイッターでも書けないようなことを遠慮なく書いてる。興味のあるかたはどうぞ。




 EX-100は、昨年の秋に発売されたEX-10のボディをほとんどそのまま使っている。大きな相違点は内蔵レンズ。
 EX-10が28~112mm相当のF1.8~2.5の4倍ズームレンズ(これもオリンパス製ズームで、STYLUS XZ-2に内蔵のレンズと同じ)だったのが、EX-100では28~300mm相当のF2.8通しの約10倍オリンパス製ズームレンズになった。しかし内蔵レンズが変更になっているんだけど外観を見比べてもその違いはほとんどわからいほど。

 手ぶれ補正がEX-10ではセンサーシフト方式だったのが(STYLUS XZ-2も同じ)、EX-100内蔵のズームレンズはレンズシフト方式となった(STYLUS 1も同じ)。EX-10のボディ内手ぶれ補正ではライブビュー中にぶれ補正が働かなかったが、EX-100ではライブビュー中にも手ぶれ補正が動作するので、とくに300mm相当の望遠撮影ではフレーミングするのにとても有効的である。

 その他、細かな点、たとえばグリップのデザインがEX-100では少し大きくなりホールディング性が良くなったり、新しくインターバル撮影の機能が搭載されるなどの機能、機構の向上もある。
 開放F値は明るいけれど4倍ズーム内蔵のEX-10か、F2.8コンスタントF値の28~300mmズーム内蔵のEX-100か、どちらを選べばいいのかと問われれば、価格の違いはあるけれど文句なしにEX-100のほうを選ぶべきだと思う。ボディサイズも基本的な撮影機能も同じなんだから(カメラボディのサイズやウエイトが違うんだったら話は別だけど)、より高倍率ズームレンズ内蔵のカメラのほうが、なにかにつけて便利なのは言うまでもないこと。

 いままでカシオのカメラをたくさん使ってきているけど、EX-100は「トップ3」に入るほど大変によくできたカメラだ(撮影機能がやや盛りだくさん過ぎる気もしないでもないけど)。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。