スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自重落下しなくなったぞ

キヤノン・EOS 60D+タムロン・16~300mmF3.5~6.3

 @niftyのメールマガジン明日からの写真術のVol.13を配信。今回はキヤノンの3台の新型コンパクトカメラを取り上げてあれこれ考えてみた。その他、三脚の正しい使い方、新しいシリーズ「写真の小ネタ」も。




 16~300mmに比べると、前モデルの18~270mmのズームリングの回転のほうが、だいぶ軽くて滑らかな感じがする。2本のレンズを同時に使い比べてみると、16~300mmはだいぶ重く(固く)感じる。
 ところが、レンズをカメラにセットして肩から下げて数分歩いてみると、すぐにその違いがわかる。新16~300mmはビクとも動かないのだ。レンズをもっとも短くしたとき(縮長時)、16mm広角側になるのだが、そこから望遠側に動かない。走ってみたりジャンプしてみたりしたけど新16~300mmズームは16mm側にセットしておけばそこからビクとも動かなかった。これには感心感心。

 対して前18~270mmはといえば、ズーミングしたときの操作感は軽くて滑らかでじつに軽快な好印象なのだが、レンズを下に向けると"ずるずる"とゴムの緩んだパンツのように落ちてきて、ふと気づくと270mm望遠端にまで伸びきっていることがある。自重落下だ。
 ここでタムロンの名誉のために言い添えておくけど、前18~270mmも新16~300mmも、ズーム広角端(縮長時)から自重落下してレンズが伸びないようにロック装置が設けられている。ただし、この装置は広角端でロックするだけ。ズームの途中の焦点域でロックしておくことができない。

 たとえば、カメラを三脚にセットして星空を撮ろうと上に向けたり、地面に咲く花を撮ろうと下に向けたままにすると、ズームレンズが勝手に、まるで壊れたモーターを内蔵しているかのようにずるずると伸びたり縮んだりすることがある。前18~270mmはそうした傾向が顕著だったのだが、これまた、新16~300mmではズーム中間域でも(よほど負荷を与えない限り)自動ズーミングすることもない。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。