日本メーカーが「神のレンズ」を作れるか

キヤノン・EOS 5D Mk II+シグマ・50mmF1.4 DG HSM

 こうしてちょっと「間」があいてしまうと、いったいナンの話をしようとしてたんだっけと、とんと忘れてしまって、ええいっめんどうだ、ということになりブログを続けるのをやめてしまったりする。というわけで、ややの唐突感はかんべんしてもらってシグマの50mmF1.4についてのつづきを。




 そうだ、いま思い出したが、ZEISS Otus 1.4/55との比較の話をしようと考えていたんだ…。

 それはそうと、そのOtus 1.4/55のレンズが"予想以上"に売れているんだそうですね。約40万円のレンズが。そのニュースを見て、おやっと思ったのは、「お知らせ」の発信元がツアイスではなくてコシナだったこと。確かに製造しているのはコシナらしいけど、でもブランドはツアイスで設計もツアイス企画もツアイス(の、はず)。販売はコシナとツアイスの2ルートだけど、どうしてコシナが「お知らせ」をするんだろうか。スジとしてはツアイスがやるんじゃないのかなあ、よくわからないけど。

 いやイカン、また脱線した。
 で、Otus 1.4/55とシグマの50mmF1.4を撮り比べてみた話だが、結論をあっさりと言えば開放F値(F1.4)の描写はOtusのほうが良かった。ここで誤解のないようにしてほしいのだけど、シグマ50mmが「悪い」ということは決してない。比べれば、という話だ。
 F1.4開放絞り値ではシグマ50mmは周辺部(四隅)でほんのわずか像が流れている。画面全体には少し球面収差が残っていて、これが「いい雰囲気」をだしている。1~2段絞り込めば、その球面収差はすかっと消えてしまって解像感は急激にアップするし、周辺部の描写も良くなる。

 Otus 1.4/55は、その点、まったくスキのないレンズで開放絞り値から100点満点と言ってもいい。そんなレンズ、おもしろみがないじゃないかと言えば、そうじゃなく、いやなかなかの味のあるレンズでもありました。だからやっぱり「悪魔のレンズ」だね、使いこなしはめちゃ難しいけど。
 味といえば、シグマ50mmもそれを感じるところがあった。ばりばり解像力重視のレンズというのではなく、少し、ほんの少し「クセ」を残しているようなレンズの印象を受けた。Otus 1.4/55に比べれば、だいぶ低価格、小型軽量、なおかつAF対応のレンズだ。それを考えれば(ぼけ具合がちょっと急すぎる気もしないでもないけど)シグマ50mmは素晴らしい仕上がりのレンズだと思う。
 ちなみに、Otusとシグマの外観比較写真。ともにキヤノンEFマウント。

 もし仮に、いまの50mmF1.4よりも価格は2倍でもいい、大きさ重さも気にするな、AFはいらない、ということになれば、シグマは凄い「神のレンズ」を作ってしまうんではないだろうか。
 それは、いまの日本のレンズを作っているどこのメーカーにもいえることだけど、コスト、大きさ、機能、ユーザーからの理不尽なクレームが、どれだけレンズの描写性能を"犠牲"にしているか、ということを皆さん、もう少し知っていてほしいなあ。