やっと一段落したけれど

ニコン・D40 + AF-S DX 18?55mmF3.5?5.6G II

 やっと“ひと山”越して一段落したけれど、まだまだ…。

 さて、ニコンらしくない小型軽量一眼レフカメラの登場です。ニコンはそもそも小さなカメラを作ることが苦手、大きくどっしりしたカメラを作らせるとイイんだけど、小さなカメラは作れない。と、ぼくはずーっと思い込んでいたのだけど、このD40を見たとき「やればできるじゃあないか」と、つぶやいてしまいました。だいぶ前のことですが「小さなカメラはニコンじゃ作れないのかねえ…」とこのへんの事情に詳しいある人に聞いたところ、「いやそうじゃない。ごにょごにょ(ここではハッキリ書けない)などの理由で作らないだけです。作れる技術力は充分にありますよ」と応えてくれたのを思い出しました。その「ごにょごにょ」を乗り越えたというか、ばっさり断ち切ったのでしょうか。
 小さく軽くするために、あれこれ“省略”されてます。たとえば(これがほんとうに小さく軽くするために役立ってるかどうか)カメラ上部の情報パネルをなくしたり、AF動作のためのボディ内モーター駆動システムを取り払ってしまいました。


 安い、というのもD40の特長のひとつでしょうね。標準ズームとのセット価格で実販価格は7万円以下だとのことです。小型軽量低価格で、あちこちに初心者が一眼レフをわかりやすく扱えるような工夫が凝らされています。まるでコンパクトカメラのような印象さえ受けます。でも、かといって機能に手を抜いているかというと、決してそのようなところはなく、一眼レフカメラとしての機能は充分、フルスペックです。使い勝手はすこぶる良いです。多少、操作性でツメの甘さ、ふんぎりの悪さ、煮え切らない感じもなくもありませんが、しかし、あの堅物のニコン ―― ほんとは結構、ヤワらなか人もいるんですけど ―― のことを考えればよくここまでやったよなあと思いますよ。
 しばらく使い込んでみて、ぼくがいちばん感じよかったことはシャッターを切ったときの感触でした。軽ろやか、なんです。D2XやD200などのシャッター感触とは正反対ですが、ぼくは好きですねえ、こういった感触は。「おいおい、そんなにムキになって撮らなくてもいいじゃないか、肩のチカラを抜いて楽しく写しなさいよ」とD40にたしなめられているようで、不思議なんだけど、シャッターを切って撮る枚数がエラく多いんですよ、このD40で写していると。それで、良く写ってるんですよ、どのカットも。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

Nikon D40 のレビュー・記事リンク集:製品レビュー追加

ニコン D40 の製品レビューや記事などをとりまとめています。