マクロのオリンパス、面目躍如

オリンパス・STYLUS TG-3 Tough

 25~100mm相当の画角をカバーする屈曲型ズームレンズを内蔵していて、その開放F値はF2.0~4.9。広角端だけだけど、F2という明るいF値がこのズームレンズのウリのひとつである。イメージセンサーは約1600万画素の1/2.3型裏面照射型CMOS。
 ストロボも内蔵。そのストロボ発光窓の横に小さなLED発光部がある。この本体LEDの光を、そう、例のLEDライトガイドに導いてリング状にライティングさせている。こうしたギミックはオリンパスが得意とするところであります。

 だから、そのLEDライトガイドの製品説明には「…照明技術は内視鏡などの製品にも使用されているオリンパスならではのノウハウでできています…」と自慢してる。
 なお、LEDライトガイドはTG-3発売にあわせた新製品だけど、同じく別売オプションのテレコンバーターレンズ(1.7倍)やフィッシュアイコンバーターレンズ(0.74倍)ともに旧モデルのTG-1、TG-2にも使える。こんなこと、TG-1、2のユーザーなら、あたりまえの常識だ知ってるぞ、だろうけど。




 TG-3のマクロ撮影にはなかなか"意欲的"な機能が搭載されている。マクロのオリンパス、の面目躍如たるものを感じるぞ。
 顕微鏡撮影モードは2つある。デジタルズームを使ってシームレスに最大44倍もの拡大クローズアップ撮影ができるモード(上級者向け)と、1倍、2倍、4倍をワンタッチで切り替えて撮影ができるモード(初級者向け)である。上級者向けモードはお父さんとお爺さん用、初級者向けは子どもたちとお母さん用、と考えてもいいかな。
 うん、だから「一家に一台」のカメラなのだ。

 「フォーカスブラケットモード」ってのもある。マクロ撮影では正確なピント合わせが、これが意外と難しい。狙ったところにピントがこない失敗も多い。そうした失敗をできるだけ少なくしてやろうというモードだ。
 ピント位置を自動的にずらして最大30コマまで高速連写してくれる。撮影後にモニター画面で拡大チェックして、必要なものだけを残して他は捨ててしまえばいい。デジタルカメラならではの利点を活用したモードでもある。

 マクロ撮影ではピント範囲(被写界深度)が浅いという問題もある。もうちょっと、そのソコの奥までくっきりと写したい。ところが、絞り込んでもどうしてもシャープに写ってくれないという問題だ。それを解決しようと新しくTG-3に組み込んだ撮影機能が「深度合成モード」である。これがその比較画像。右の写真が深度合成モード。
 ピント位置を少しづつずらしながら8コマを高速連写。その画像をカメラ内で合成処理して"深いピント"の画像に仕上げる。こうしたコンポジット合成の技術は今後、大ばけするに違いない注目の機能である。各メーカーとも、いま一生懸命に研究している画像処理技術である。

 ただしTG-3の深度合成モードはそこそこの深いピントの写真は得られるけど、過度に期待しちゃイケナイ。いや、撮影した画像に欠陥があるというのではない。その逆に、少しぐらい欠陥があってもいいからもっと大胆にぐーんっと深いピントにしてくれればおもしろかったのになあと、使ってみて感じた次第。いかしかし、そこが慎重居士のオリンパスらしいところか。

 オリンパスってメーカーは、石橋をガツンッガツンッと叩いて渡るタイプなんだけど、ときどき、よそ見しながら渡ったり、得意になって飛び跳ねながら渡って、足を滑らせて池に落ちてしまう……というところもなくもない。