スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PENのシリーズの中では最高画質か

オリンパス・E-PL7+M.ZUIKO DIGITAL17mmF1.8

 オリンパスのマイクロフォーサーズカメラには「OM」と「PEN」の2つのシリーズがある。PENシリーズの最高機種はE-P5だ。そのPENシリーズのE-P5に次ぐ機種がこのE-PL7となる。
 PL、つまりPENのLiteなカメラというわけだ。昨年の6月に発売されたE-PL6の後継機種となるのだが、前モデルPL6とは大幅に進化している。なおPENシリーズにはもう1つ「PM(PENのMini)」があるが(あった、というべきか)、こちらの機種はやや中途半端な立ち位置にあったため、その後継機種は(たぶん)ないのではないかと思う。




 E-PL7はE-PL6から大幅進化、といったけど、"進化し過ぎて"上位機種であるE-P5の画質を越えてしまったようだ。
 その画質は、オリンパスのマイクロフォーサーズカメラのトップモデルであるOM-D E-M1にはわずかに及ばないものの、M1を除いたOM/PENシリーズの中ではトップと言ってもいいだろう。画質だけで比較すればE-P5を越えている。PENのLiteなカメラだから…とあなどっちゃあいけない。

 E-P5のイメージセンサーは1605万画素でE-PL5もそれと同じものを使っているようだけど、こうしたイメージセンサーというものは往々にして「同じセンサー」とは言いながら日々改良されているのが常で、E-P5が発売されたのがちょうど約1年前(E-PL6と同じ)だから、それを考えるとイメージセンサーそのものも(わずかだろうけど)良くなっているはずだ。

 さらにE-PL7は、画像処理エンジンにE-M1やE-M10と同じ最新型の「TruePic7」を使っている。E-P5、E-PL6はといえば、ひと世代前の「TruePic6」である。画像処理エンジンが進化することで、なにがいちばん良くなるかと言えば高感度画質である。このへんについてはいろいろとご意見もあろうかと思うけど、ぼくはそう考えている。

 E-PL7の高ISO感度の画像を見てみると、E-P5と違うのは色ノイズが少なくなって高感度での画像がすっきりとヌケが良くなった印象を受けた。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。