シグマの中ではいちばん扱いやすい万人向けカメラ

シグマ・dp2 Quattro

 9月25日、@niftyのメールマガジン明日からの写真術の最新号を配信。
 今回の「ここに注目!」は、フォトキナ発表の新製品から見えてきたカメラの未来。APS-Cサイズ判をきわめようとする7D Mark IIと、フルサイズ判一眼レフに突き進むD750、富士フイルムとオリンパスの2つのシルバーモデル、ソニーとパナソニックのこれからのデジタルカメラ時代の2つの提案。「写真とカメラの小ネタ」は、いま中国で大ブレークしているカシオの自分撮りカメラ・自拍神器について、などなど。




 dp2 QuattroになってAWBと測光がだいぶ安定した。画像のヌケも良くなってクリアーになったし、解像力もアップして文句ないのだけど、DP2 Merrillの、なんとなく立体的で深みのある画像と比べるとdp2 Quattroの画像のほうは「やや平べったい」感じを受ける。
 ただし安定したとはいえ、シグマのカメラらしい気まぐれなところは残っている。しかし、従来のシグマのじゃじゃ馬のようなカメラと比べれば(それを使いこなすのがシグマのカメラのもう1つの自虐的愉しみだったのだけど)、dp2 Quattroは飛躍的に使いやすいカメラになったと思う。

 dp2 Quattroのレンズ構成は、前モデルのDP2 Merrillと同じ。つまり中身の光学系は同じ。ところが、2台のカメラを並べてみると「レンズ外観サイズ」はだいぶ違う。
 dp2 Quattroではボディ内部のレイアウトやメイン基板を大幅に変更することで、Foveonイメージセンサーがぐーっ前に出てきた。この写真の「串団子マーク」(イメージセンサー面を示す印)の位置を新旧の機種で見比べるとよくわかるだろう。
 そのため、旧DP2 MerrillのほうはAFアクチュエータや一部の光学系などをボディ内に埋め込ませていたのだが、dp2 Quattroではそれらすべてをレンズ鏡筒内に収めなければならなくなり、さらに新しくAF補助光を搭載し、それをレンズ内部に入れたりしたものだから余計に"太っちょ"なレンズになってしまった。

 メイン基板は薄く大きく横長にして、そのメイン基板の前面、ちょうどFoveonイメージセンサーとの間には大きな放熱板が組み込まれている。カメラ内部の構造イラスト図を見ると2センチそこそこの厚みしかないdp2 Quattroのボディに、びっしりと隙間なくあれもこれも詰め込まれているのがわかる。
 だから大きな図体をしたバッテリーは(Foveonセンサーは"大食い"なので小さなバッテリーではすぐに空っぽになってしまう)、まるではじき飛ばされたように、ボディの端っこに新しく小部屋(ボディグリップ)を作ってそこに押し込み、そのために独特のボディスタイルとなった。