スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カメラ名を「D650」でなく「D750」にした理由

ニコン・D750+タムロン・28~300mmF3.5~6.3 Di VC PZD

 暗いところも明るいところも、とっても良く写るカメラである。
 その画質については文句はなにもない。フルサイズ判だし、約2400万画素もあるし、ローパスフィルターもあることはあるけど「1枚だけ」だから、いいレンズを使えば解像力のある高画質が得られる。
 高ISO感度の画質は、少し前までニコンは高感度の画像処理がやや不得意なところもあったけど、D4sやD810あたりからだいぶ良くなってきた。このD750もいい。




 でも、なぜ「D750」というカメラ名にしたのだろうか。「600番台」のカメラ名だと思うのだけど、敢えて「700番台」にしたのには、なにか深い理由がありそうだ。

 ニコンの一眼レフカメラは操作系の違いで2通りに分けることができる。カメラを上から眺めてみればわかるが、左肩に、モードダイヤルのあるカメラと、3つまたは4つのボタンを集中配置したカメラである。この操作ボタンのことを俗に「三つ葉ボタン」とか「四つ葉ボタン」という。
 どちらかと言えば、高級タイプは左肩にモードダイヤルがなくボタンが集中配置した機種が多い。D4sやD810は四つ葉ボタン。いっぽうモードダイヤルのほうは中級機タイプに多い。D7100やこのD750がそうだ。

 で、ナニが言いたいかというと、D700はモードダイヤル系ではなくボタンが3つの三つ葉ボタン系のカメラ。D610はモードダイヤル系。ところが、このD750は「700番台」なのにボタン系ではなくD610と同じモードダイヤル系だ。
 ということはD750はD700の系列ではない。後継機種でもないみたい。実際、ニコンの人も「D700の後継機種ではない」と言っている。
 つまりモードダイヤル系かボタン系かという分け方をするなら、D750はほんらいなら「600番台」のカメラ名になってしかるべきではないかと ━━ そんなことどーでもいいじゃないか、と言われれば、うん、ほんと、つまらないツッコミ話だよなあ、と自分でも呆れるけど ━━ 。

 たとえば「D650」というカメラ名にしておけば、ふむふむそうか、と多くのユーザーはそう思うはずなのに……いいや、そんなことはニコンは百も承知千も合点、でもしかし「ある理由」があってそうすることができなかったわけだ。
 でも、ぼくには「ある理由」は知らない。ぜんぜんわからないのですよ、じつは。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。