D750に、タムロンの28~300mmズームがベストマッチング

ニコン・D750+タムロン・28~300mmF3.5~6.3 Di VC PZD

 繰り返しになるが、このD750のいちばんのセールスポイントは、「軽くて小さなフルサイズ判一眼レフ」である。持ってみればすぐにわかるが確かに軽くて小さいボディだ。D810から持ち替えれば、D750の軽さと小ささはもっとよくわかる。グリップの指当たりが深くて握りやすく持ちやすいのもイイ。



 チルト式の液晶モニターを採用しているのにボディの「厚み」がそれほど感じられない。とてもスリムなフルサイズ判カメラである。ここまで小さく軽く薄く仕上げるには、あれやこれや苦労したことだろう。

 ところが、標準キットになっている24~120mmF4ズームレンズが(D750のスリムさに比べると)いささか大柄でヘビー。せっかくの軽量ボディの利点が帳消しになっているは残念。
 そこでぼくは 24~120mmF4からタムロンの手ブレ補正内蔵の28~300mmF3.5~6.3に交代させたところ、この組み合わせがすこぶるよろしいのでした。タムロンの最近の高倍率ズームは小型軽量で性能もとても良くなってきている。皆さん、少し注目してもいいと思う。

 ニコンはムカシからカメラボディもレンズも、「小型軽量化」が苦手だった。理由は耐久性を重視しすぎるためだ。耐久性重視はニコンの伝統(アイデンティティ)だからしょうがないのだけど、最近はボディのほうは、あれこれのガンバリもあって耐久性と小型軽量化のバランスをとりつつ設計できるようになってきた。しかし、レンズのほうは相変わらずムカシのまんま。これ、なんとかしなきゃいかんですね。