D750ユーザーに、いい話をひとつ

ニコン・D750+タムロン・28~300mmF3.5~6.3 Di VC PZD

 軽い、小さい、そして薄いカメラボディ(フルサイズ判一眼レフとしては)。
 これがD750のウリのひとつ。こうしたボディを作り上げるためにモノコック構造にした、とニコンは言っている。現在の多くのクルマやミラーレスカメラはモノコック構造。
 ところが、D750のモノコック構造というのが(ぼくには)イマイチよくわからない。というのは、いわゆるミラーボックスのための骨組み(のような)構造がD750にはあるわけだし、そこにはミラーやシャッターやセンサーが組み付けられ、さらにボディマウントも取り付けられている。
 その「骨組み」をフレームだと考えればモノコック構造ではなくフレーム構造になりはしないか、というもの。




 あ、これはイチャモン、難癖ですね。すまん。
 モノコック構造であろうがフレーム構造であろうが、この際どうでもいいです。かんじんなことは、とにかくニコンががんばって「軽く小さく薄い」ボディを作ったわけだから、どんな構造であろうが、べつどーでもいいことです。ちなみに、フルサイズ判D750はAPS-C判キヤノン7D Mark IIよりも小さくて軽い(これ、すごいことですね)。
 D750は軽い小さいボディに仕上げるためにマグネ合金のほかに新し炭素繊維の複合材を使ったり、薄いボディにするために電子基板も小さくするなど、ボディのあちこちでニコンはそうとうの工夫や努力をしている。

 D750に「軽め穴(かるめあな)」の処理がされているのを見て、ぼくはおおいに驚き感動した。カメラに軽め穴なんて。
 軽め穴とは昔のレーシングカーなどでボディ軽量化のための手法のひとつ。金属パイプやプレート部に、強度を損なわないぎりぎりまで穴をあけて徹底的に軽量にした(軽ければ軽いほどスピードアップが可能)。しかし軽め穴で軽量化できるとはいえ、実際的にはほんのわずか軽くなるに過ぎない。でも、メカニックの速く走ってほしい気持ち、心意気、やる気、だ。少しでもボディを軽くして、1秒でもコンマ5秒でも速く走ってほしい。そんなレーシングメカニック達の熱い思いが軽め穴の処理だ。

 D750のユーザーで、そのボディのある部分に軽め穴があることに気づいた人がどれくらいいるだろうか。
 チルト式液晶モニターのボディとモニター部の接続金具をよく見るといい。
 この部分の、この穴だ
 この薄い金属プレートに丸くあけられた穴が軽め穴。こうして穴をあけることで、いったいどれだけボディが軽くなるんだ、というヤボなツッコミはしないこと。たぶん数グラム以下だろう。

 だがしかし、だ。「わずかでも、たった1グラムでも軽くしたい。ユーザーに軽いボディを使って撮影を愉しんでほしい」という、ニコンのカメラ開発のメンバーの熱い思い、強い気持ちがひしひしと伝わってくるじゃないですか。
 この軽め穴(軽め穴であることは実際にニコンに聞いて確かめた)を見て、クルマが好きなぼくはD750がいっぺんに大好きになった。モノコック構造といい、軽め穴の処理といい、まるでレーシングカーのような一眼レフカメラじゃあないか。