スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

付属のレンズフードと三脚座

オリンパス・OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED40~150mmF2.8PRO

 このオリンパスの40~150mmF2.8ズームレンズの"最大のライバル"になると思われるのは、11月20日発売予定の富士フイルムXF50~140mmF2.8ではないだろうか(あまり注目されてないようだけど)。
 「ライバル」といったけど、しょせん、マウントも違うし使えるカメラもカバーするセンサーサイズも違うので真正面から比較するのは愚の骨頂みたいだけど、高性能な大口径ズームレンズとして見比べると、いろいろとおもしろいものが見えてくる。




 富士フイルムの新型ズームレンズのことはさておき、オリンパス40~150mmのほうには、伸縮自在のレンズフードと着脱可能な三脚座が標準で付属されている。細身で小さくて軽いズームレンズのワリには、その専用レンズフードは大きくて重いのがやや難ではあるが、これが良くできている。
 こんなところにオリンパスは"ヘン"に凝るんですよ、凝りすぎてポカミスも(よく)する。その例が同じProシリーズの12~40mmF2.8ズームに付属していたレンズキャップ。カッコウはいいし高級感もあるんだけどめちゃくちゃ使いづらいレンズキャップで、使いづらいことではナンバーワン、ギネスブックに登録してもいいくらいだったのだが、オリンパスもそれには反省したのか、この40~150mm付属のレンズキャップはデザインを変えた。12~40mmとカタチこそにているが使い勝手は大幅に向上している。

 いっぽう、さて40~150mmのレンズフードだけど、一般的な脱着式レンズフードは使わないときにはいったんレンズから外してそれを逆向きにしてレンズに"収納"するというタイプが多い。それに対して、40~150mmのズームはまるで内蔵型フードのように、ワンタッチ操作で伸ばしたり縮めたりすることができる。繰り返すが、このレンズフードはレンズ本体に比べるといささか大きく重い。ワンタッチ操作のための機構を組み込んでいるからしょうがないのだけど、もうちょっと軽ければなあと思う。

 三脚座もまた、レンズ本体の小ささと軽さのワリにはやや重くて大きく感じてしまう。着脱式なのだけど付けたり外したりがけっこうめんどう。ところで、三脚座で良くできたデザインのトップは、ニコン70~200mmF2.8VRに付属のものだ。一度、機会があったらよく見ておいてほしい。素晴らしいギミック。各メーカーはぜひマネしてほしいぞ。
 で、40~150mmの三脚座に話を戻すが、手持ち撮影するときやカメラバッグに収納するときにはこれが邪魔になってしょうがないのだ。
 OM-D E-M1などの機種と組み合わせて使うときはボディ内の手ブレ補正がかなり優秀なので、よほどの低速シャッタースピードでもなければ手持ち撮影でも不満もなくほいほい撮影ができる。だからぼくは、ほとんどのシーンを三脚座を取り外してつかっていた。軽快でフットワーク良く撮影ができてこれはおすすめ。

 しかし40~150mmレンズから三脚座を取り外してしまうと、とたんに姿カッコが悪くなる。パンツひとつで地下鉄の日比谷線に乗っている人のようだ(そんな人はいませんけどね)。三脚座を外してもスマートな、そんなレンズをデザインしてほしいものですねえ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。