アポダイゼーションフィルター

富士フイルム・X-T1グラファイトシルバーエディション + XF56mmF1.2 R APD

 「XF56mmF1.2 R APD」は、すでに発売されている「XF56mmF1.2 R」の光学系の中に特殊フィルターを組み込ませてぼけ味を柔らかくしたレンズである。中心部は透過率100%のままだが周辺部にいくに従ってだんだんと暗くなるアポダイゼーション(APD=apodization)フィルターを使っている。富士フイルムのフィルム技術を応用したものだそうだ。
 発表会の時にそれを見せてもらったが、薄っぺらいぺらぺら状の小さな円形のフィルム。「なーんだ、こんなもんですか…」と言ったら、「ナニを言いますか、ほら微妙にグラデーションになっている、そこが難しいんですよ、高度なフィルム製造技術が必要です」とたしなめられました。失礼なことを言いました…。




 APDフィルター「あり」と「なし」の56mmF1.2レンズで、さんざんぼけ味撮り比べをしてみた。ところが、恥を忍んで正直に言うけれど、ほとんど違いがわからなかった。どちらのぼけ味も(ぼくには)充分に柔らかくて美しく見える。こちらがAPDだぞと言われたうえで、よくよく見比べれば「APDあり」のほうがぼけの輪郭部がほんわりとしているかな、という程度。こりゃあ、せっかくのAPDもぼくにとっちゃあ、豚に真珠猫に小判だな、と恥じ入った次第。

 いや、かんじんのぼけ味よりも、撮影していて「おやっ」と感じたのは、とくにF1.2開放絞り値のときの写りが、「APDなし」の従来レンズよりも「APDあり」のレンズのほうがこころなしか良いのだ。逆光で撮影したとき、ゴーストの出かたはともかく ━━ もともとゴーストが出やすいレンズ ━━ 「APDあり」のほうがフレアーが少なくヌケが良い印象だった。

 なにげなしに、富士フイルムのホームページ、56mmF1.2レンズのところにあるMTF曲線図を「あり」と「なし」をよーく見比べてみたら、なんてこった、「APDあり」のほうがコントラスト特性がいいのだ(MTF図なんてどこのメーカーのもアテにならないから信用しすぎるとよくないけど)。光学系はまったく同じで、画質に影響しないと言われているがAPDフィルターを入れてるのにねえ。
 でも、考えてみればレンズを通る端っこの光はAPDフィルターで"ほど良くカット"されているから、同じ光学系のレンズでも結果的に描写性能が良くなっているということかもしれない。