「自拍神器」と「自拍魔鏡」

カシオ・EX-MR1

 MR1は「自分撮り」をいちばんのテーマにして開発されたカメラだけど、自分ではなく写そうとする人にカメラを向ければ、その前面には大きな鏡があるから写される本人の顔が自分でもよく見える。そこを見つめればどんなふうに写るのか予測がつく。安心して、いい表情、お気に入りのポーズも自然にできる。子どもにカメラを向ければ、きっと、いままでにないいい表情の写真が撮れるかもしれない。
 というわけで、この写真は二人にMR1の鏡を見てもらいながら撮影させてもらったもの。アートエフェクト機能を使ってチョイと画像処理。




 自分撮りのブームを作ったのは、もとはといえば2011年7月発売のTR-100から。レンズ部と液晶モニター部と、それを囲むようなフレーム部が一体になっているが、それぞれが自由自在に角度が変えられる。内蔵レンズは単焦点で広角21mmの画角。レンズと液晶モニターを自分に向ければ"自分を見ながら自分が写せる"こともできる。

 国内ではあまり人気も出ず評価もされなかったけど、香港や中国、とくに北京や上海などの大都市の若い女性たちに大うけした。TRシリーズのカメラを使って自分を写す。それをSNSなどにアップして皆んなに見てもらうという「自分撮り」が文化にまでなった。
 当初、TRシリーズにはWi-Fi機能が備わってなかった。
 では、彼女たちはどのようにしてSNSにアップロードしたか。聞いて驚いたのだけど、カシオTRで写した自分を、液晶モニターに表示して、それを携帯カメラで撮影複写してからそれをアップロードしていたそうだ。そのうち、カシオも事態のただならぬ様子に気づいて大急ぎでWi-Fi内蔵の機種も開発して中国市場に投入、売れて品薄が続く、プレミヤ価格がつく…やれやれ…。

 なぜそこまでして中国の女性たちがカシオTRにこだわったのか。
 理由のひとつは21mmワイド画角。カメラを斜め上に持ち上げて、やや俯瞰ぎみに自分を写すと、眼がぱっちり、そして細顔に写る。TRシリーズのもうひとつの魅力は「美白モード(メイクアップモード)」だった。肌を美しく画像処理する機能で、いまじゃ珍しくもないけどコレをカメラに初搭載したのはなにを隠そうカシオなのだ。
 街を歩いていて信号待ちの数分間に自分の可愛いと思う表情を写してすぐに皆んなに見てもらう。「可愛いね」と言ってもらえるのが最高の喜び、というわけだ。

 中国などではTRシリーズ自分撮りカメラのことを「自拍神器」と呼んでいる。「自拍」とは自分撮りのこと、「神器」とは超優れものグッズとでも言えばいいか。
 で、TRシリーズが自拍神器とネーミングされているのにならって、MR1のほうは鏡に自分を写して撮るカメラということで「自拍魔鏡」という新しい名前がつけられているそうです、いま中国では。
 自拍神器も自拍魔鏡もカシオがしかけてネーミングさせたものではなく、なんとなくそう呼ばれるようになったらしい。最新型「自拍神器」のEX-TR500(国内未発売)についてはメールマガジン「明日からの写真術」で詳しく(おもしろく)紹介した。