ズーム連動式二重構造レンズフード?

ニコン・D810+タムロン・SP15~30mmF2.8 Di VC USD

 対応マウントはニコン用とキヤノン用があり、同時発売された(昨年2014年12月末)。大型カメラ量販店での現在の価格は約12万5千円ほど。とても売れているそうで、品薄状態が続いていて買いに行ってもすぐには手には入らないみたい。国内市場を優先させて発売を開始したのに品薄とは。海外市場の発売は今月から始まる様子だから、ますます品薄が続くんではないか。
 なお、ソニーAマウント用もあるが、こちらは発売日未定。ニコン用とキヤノン用は手ぶれ補正(VC)内蔵だが、ソニー用はVCの機構を取り外している。




 レンズフードは鏡筒と一体になった"二重構造"の固定式。
 レンズフードにはおもに2つの「役目」がある。1つは有害光線をカットする働き。フレアーやゴーストの発生を防ぐ役目だ。しかし、これくらいの超広角レンズ、それもズームレンズともなると、ほとんどその役目ははたさない。そう覚悟しておいたほうがいいだろう。
 もう1つのレンズフードの役目は、レンズ保護のためだ。この15~30mmズームもそうだが、超広角レンズになると第一面レンズは大きく飛び出す。不注意にレンズを扱ったりすれば、すぐにレンズに傷をつけてしまいかねない。レンズフードがその防御の役目をはたしてくれる。

 で、このズームレンズの二重構造になったフードである(こんなフード見たこともない)。ズーミングすると、レンズ全長は一定のままレンズ群だけが鏡筒内を前後するのだが、そのときにレンズの外部鏡筒の固定フードとは別に内側で前後するレンズ群にもフードが固定されていて、それも一緒に前後する。
 ええいっ、まどろっこしい説明だ…。これを見よ。左が15mm広角端、右が30mm望遠端。
 内側のレンズフードは、いったいナンの役目をはたしておるのだろうか? 鏡筒と一体になったフードだけで、有害光線カットもレンズ面保護もじゅうぶんにその役目をはたしているではないか? 不思議な二重構造レンズフードである。

 タムロンのホームページを見てみると、こんなふうに「解説(言い訳)」をしている。

 『……落下など、万が一の物理的な衝撃に備えて新たに開発されたズーム連動式の二重フード構造を採用。レンズフードの損傷を極力軽減できるよう十分な配慮をしています。 』

 この頑丈で立派なレンズフードが壊れるぐらいにレンズに衝撃を与えたりすれば、レンズそのものが(たぶん)使いものにはならなくなるはずだ。内側フードと外側フードの「隙間」に異物が入り込んで取れなくなってしまうということもなくもない。
 撮影にはまったく支障はなく、見た目も頑丈そうで、それはそれでいいんだけど、でも、不思議な構造をしたレンズフードだなあ。