ダンパー装置付きシャッターユニット

オリンパス・OM-D E-M5 MarkII+M.ZUIKO DIGITAL40~150mmF2.8 Pro

 前回ブログに続いて、E-M5 MarkIIのシャッターの話。

 E-M5 MarkIIのフォーカルプレーンシャッターには、先幕と後幕を走行させるメカシャッターと、先幕だけを電子シャッターにした先幕電子シャッター(低振動モード)、前幕も後幕も電子シャッターにした完全電子シャッター(静音モード)の3つのシャッターモードを備える。それについては前回のブログで説明した。先幕電子シャッターも完全電子シャッターも、シャッター作動時に起こる衝撃を限りなく最小限にとどめるためである。
 こうした電子シャッターを使って衝撃を減少させる以外に、E-M5 MarkIIのシャッターには驚くような機構が採用されている。




 フォーカルプレーンシャッターのユニット ━━ 先幕や後幕を動作、制御するためのメカニズムや電子部品が一体 ━━ をばねを使ったダンパー方式で「浮遊」させている。
 オリンパスは公式にこの装置のことを発表していないので名称はない。先日のCP+で、オリンパスブースの片隅にこっそり展示してあったがどれだけの人が気づいただろうか…。ここでは仮に「フローティングシャッター機構」と名付けておく。

 フォーカルプレーンシャッターは先幕と後幕が高速で時間差走行する。その「隙間」の幅で露出量を調整する。また、先幕と後幕をより高速に走行させるほど高速シャッタースピードが得られる。しかし高速走行させるほどシャッターの衝撃が大きくなり、それが原因でぶれてしまう。
 シャッター幕の衝撃は走行終了時だけでなく、シャッターチャージのために元の位置に戻すときにも衝撃が発生する。
 デジタルカメラが高画素化、高解像力になればなるほどわずかなぶれ(微ぶれ)でも画質に大きな影響をおよぼす。カメラが小型化して高速シャッタースピードになればなるほどシャッター衝撃が大きくなる。オリンパスは長年、このシャッター衝撃に悩み続けてきた。

 E-M5 MarkIIではシャッターユニットの上下左右の四隅に小さなばねを配置してダンパー構造にしてシャッター衝撃を吸収、減少させている。ちょっと見にくいがこの写真の矢印部分にばねがある。そのユニットはCP+でこっそり展示されていたのを写したものである。
 フローティングそのものはじつにシンプルな構造の装置ではある。しかしメカニズムはシンプル、簡単であればあるほど安定性と確実性を確保するのが難しいものだ。おそらくオリンパスはこのフローティングシャッターの開発には大変に苦労したに違いない。

 ところが、せっかく苦労して開発したフローティングシャッター機構だが、先幕電子シャッターや完全電子シャッターが同時に搭載されたために、すっかり存在価値が薄くなってしまった。耐衝撃という点でみれば先幕電子や完全電子シャッターのほうがずっと効果があるからだ。
 とはいえ、フローティングシャッター機構は、先幕と後幕を"正々堂々"と走行させるメカシャッターのときには従来機種に比べて衝撃はだいぶ少なくなる。そのことはE-M5 MarkIIのシャッターを切ったときの音とショックが、従来のオリンパスのカメラとかなり違うことに気づくはずだ。

 さらにもう1つ、E-M5 MarkIIには、先幕を事前に所定の位置に待たせておく「レリーズタイムラグ・ショート」というシャッター衝撃回避のモードがあるのだが、これについての解説を始めると泥沼にはまり込んでしまうので省略する。それでなくても、E-M5 MarkIIのシャッター機構や機能などには「話題満載」で、それを説明をしていけばキリがない。

 フローティングシャッター機構といい、5軸手ぶれ補正といい、40~150mmProレンズのデュアルVCM機構といい、オリンパスはカメラのメカニズムの制御 ━━ 「メカ力(メカぢから)」こそ精密カメラの基本 ━━ にこだわり続けているのには感心させられる。