赤いラインと緑のライン

リコーイメージング・PENTAX K-S2+smc PENTAX-DA L18~50mmF4~5.6 DC WR RE

 前日のつづきで、K-S2のキットレンズ「smc PENTAX-DA L18~50mmF4~5.6 DC WR RE」と、光学スペックなどはまったく同じで、レンズコーティングだけが異なる「HD PENTAX-DA L18~50mmF4~5.6 DC WR RE」(発表のみで発売日は未定)の2本のズームレンズについて。




 キットレンズ18~50mmのコーティングには「smc」にして少しでもボディとのセット価格を安く抑えようとしているのだろう。それに対して単体販売のレンズのほうは、いまリコーイメージングが積極的にアピールしている「HD」コーティングを施し、専用のフードとキャップを付属している。光学系や機構などはまったく同じ。
 こういう販売方法って、どうなんだろうね。ユーザーを混乱させるだけじゃないか。

 レンズ名も微妙に異なる。キットレンズには「DA L」となっているが、単体販売されるレンズには「L」は付かない。「DA L」キットレンズは単独では販売されない。K-S2とセットで購入しないと使えない。
 そのK-S2とキットになっている「DA L」レンズのスペックを調べようとして、カタログを見たのだが見つからない。ホームページの交換レンズの一覧解説ページを見ても、そもそも「DA L」レンズがどこにも見あたらない。正真正銘のPENTAX交換レンズなのに、オモテに出さない。

 「DA L」レンズって、まるで、おめかけさんのような扱いではないか。「DA」レンズこそが正妻、ってわけか。…あ、こんな例えは、なんとかハラスメントになってイケナイのかな。

 ところで、HDコーティングの単体ズームの外界を見て「あれっ?」と感じた人がいるはずだ。
 HDコーティングを施したレンズにはレンズ鏡筒に「赤いライン」、smcコーティングレンズは「緑のライン」と決まっていたはず。例えば、昨年末に発売になったHDコーティングされた「HD PENTAX-DA 16~85mmF3.5~5.6ED DC WR」は、ほら「赤いライン」だ。
 ところが、HDコーティングされた単体販売の18~50mmズームを見ると「緑のライン」になっている。HDなのに緑。
 いったいどーなっておるんだ?