Quattroシリーズの中ではdp3がおすすめ

シグマ・dp3 Quattro

 Quattroシリーズには、28mm画角のレンズを内蔵したdp1 Quattro、45mm画角のdp2 Quattro、そして75mm画角のdp3 Quattroがある。加えて、夏前に発売予定の21mm画角レンズを内蔵したdp0 Quattroもある。昨日、そんな話をした。
 dp0 Quattroを除いて、これら現行3機種の中でぼくがもっとも好きなカメラは「dp3 Quattro」だ。旧型DP Merrillのシリーズでも、DP3 Merrillをもっともよく愛用していた。




 ところが、新型dp3 Quattroを使い始めて、うーむ、これはちょっと困ったぞ、と感じたことがある。他のQuattro2機種と色調が異なることだった。正確に言えば、Quattro3機種とも色調がそれぞれ違うのだ。
 QuattroシリーズになってオートホワイトバランスはMerrillシリーズに比べて格段に安定して、とても使いやすいカメラになった。それはいい、しかし、プリセットホワイトバランスで撮影したときに機種固有の「色調」がばらばらなのは困る。

 たとえば、dp Quattroの複数の機種をデーライトモード固定にして撮影してみると、微妙に色が異なることがある。DP Merrillもそうした傾向はなくもなかったのだけど、dp Quattroになって機種ごとの色のばらつきがいっそう顕著になったような気がする。
 このへんの色調の統一化は大切だと思う。できるだけ早くファームウエアのアップデートなどで対応してほしい。
 なお、Quattro3機種の中で色調がもっともニュートラルなのはdp2 Quattroである。dp1 Quattroは少しグリーンに、dp3 Quattroはアンバー系に色の偏りがある。シグマのカメラを使い込んでいるヘビーユーザーからは、「そんな些細なことに文句を言うなよ、その使いづらさがシグマのカメラの魅力なのだ」とひと言で片付けられてしまいそうだけど。

 その色調のことを除けば、dp3 Quattroはいいカメラだと思う。
 ユーザーインターフェースもわかりやすいし、旧型DP Merrillに比べてAFのスピードもピントの確実さもだいぶ向上した。色調が安定すれば(それまではオートホワイトバランスモードで写すこと)、dp3 Quattroがいちばんのおすすめ。いままでとは違った、どきっとするような、個性的な写真が撮れるかも。