D5500と上位のD7200を比べてみると


ニコン・D5500+シグマ・150~600mmF5~6.3 DG OS HSM Contemporary

 小さくて軽い一眼レフカメラではあるが、いっちょ前に写りは良い。使ってみて、ちょっと驚いた。撮影機能も大変に充実している。操作性もいい。中級機どころか、一部の上級機にもヒケをとらない実力がある。





 イメージセンサーはD7200と同じAPS-Cサイズで、有効画素数もまったく同じ2415万画素(ただし総画素数が異なるからセンサーそのものは違う)。どちらもローパスフィルターなし。
 「D5500のような初心者向けのカメラに、2400万画素もの高画素にして、ローパスフィルターもなくしてしまう必要なんてない」なんて批判的なことを言う人もいるらしいが、そりゃ言いがかりだね。余計なお世話であります。
 ベテラン、初心者、老若男女にかかわらず高画質で優れた描写の写真を撮りたいものだ。軽くて小さくて、操作性も良いカメラを気楽に使って、上級カメラと同程度の高いクオリティの写真が撮れれば、それはそれでとても良いことじゃないか。

 実際に、D7200とD5500の2台に同じレンズをセットして何度も撮り比べをしてみたけど、その画質は低感度、高I感度でもほぼ同等。とにかく良く写るカメラだ。
 最高連写速度は、D5500が約5コマ/秒、D7200が約6コマ/秒だ。これくらいのコマ速度の違い程度なら、5コマ/秒だったかららチャンスを逃してしまった、6コマ/秒なら確実にチャンスが捉えられる、なんてことあり得ない。

 そのうえさらに、動画撮影の機能についていえば、D7200よりもD5500のほうが優れているのだ。
 D5500は60pのフルHD動画も撮影可能だし、スローモーション撮影機能も備わっている。いっぽうD7200は通常は30pのフルHD(×1.3のクロップモードでようやく60p)。一般的に言って、フレームレートが高速であるほど滑らかな動画にすることができる。スローモーション撮影機能もない。

 「小さい軽いと言われているミラーレスカメラに真っ向から勝負できるような、そんな一眼レフカメラを作ろうと考えた」とニコンのある開発者が言っていた。
 D5500では軽量化と小型化のために、クルマや飛行機などで採用されているモノコック構造を採用している。ボディ周囲を軽量な素材(カーボン繊維)でしっかりと包み込むようにすることで小型化と軽量化をはかっている。
 従来の一眼レフカメラの多くはボディ内部の強度を保つために金属製のシャーシ(骨組み)を使っているから、どうしても重く大きくなってしまうが、しかし、モノコック構造のカメラよりもシャーシ構造のカメラのほうが、強度の点では優れているだろう。

 カメラボディのモノコック構造は、舗装道路を走る軽量スポーツカー。シャーシ構造のカメラはデコボコ道も走れる頑丈な4WDカーみたいなものだろうか。