よくやったぞ、オリンパスの手ぶれ補正担当者

オリンパス・OM-D E-M5 MarkII+M.ZUIKO DIGITAL ED 8mmF1.8 Fisheye

 くどいようだけど、もう一度、オリンパスの魚眼8mmProレンズについて。

 この魚眼8mmはM.ZUIKO DIGITALの高級Proシリーズのレンズ。そのProシリーズにラインナップされているレンズは現在、7~14mmF2.8、12~40mmF2.8、40~150mmF2.8の3本のズームと、そしてこの8mmF1.8単焦点レンズの計4本である。

 3本のズームレンズは、ピントリングを前後にスライドすることでAF/MFの切り替えがワンタッチでおこなえる。ところが、魚眼8mmだけにワンタッチ切り替えの機構がない。AF/MFの切り替えはメニュー画面で設定しなければならない。ワンタッチ切り替えの機構を採用することはそれほど難しいことではないと思われるのに、そして、Proシリーズのレンズなのに、そこがちょっと残念。




 魚眼レンズは約180度近い超広角画角をワンショットで写せる良さはあるが、反面、直線が強く樽型に大きく歪んで写ってしまう。「その歪みこそが魚眼レンズのイイところなんだ」という人もいるだろうが、いっぽうで「ソコが嫌い」という人もいる。
 歪みを画像処理で補正して直線に近づければ、通常の超広角レンズで撮影したような"自然な描写"の写真に仕上げることもできるはず。

 いまオリンパスのOM-D E-M1やE-M5 MarkIIには、建物などの台形歪みを画像処理でリアルタイムに修正しながら撮影できる機能が備わっている。「デジタルシフト撮影」モードがそれだ。
 その画像処理モードの"原理"を応用して魚眼8mmの樽型歪みをリアルタイムで補正できればオモシロイぞ、と思う。オリンパスはぜひ検討してほしい(ニコンにはCaptureNXを使ってそうした画像補正がイッパツでできる機能がすでにある)。

 超広角レンズになるほど手ぶれ補正を最適におこなうのは大変に難しくなる。とくに1~2メートルあたりからの近距離になると、ぶれ補正はさらに厄介になる。角度ぶれだけでなく、回転ぶれやシフトぶれなどが複雑に絡み合って、それぞれを最適に補正しないといけないからだ。
 現在、回転ぶれの補正はレンズ内ぶれ補正方式では対応できない。センサーシフト方式の独壇場だ。その補正効果がてきめんにあらわれたのが、E-M5 MarkIIと魚眼8mmProの組み合わせだった。角度ぶれ、回転ぶれ、シフトぶれなどの補正をじつにバランスよく制御して補正している。

 なんと、2秒!という超スローシャッターで手持ち撮影で、ぶれのほとんど目立たない写真が得られたのにはびっくりだった。確率は30%ほどだったが、でも2秒手持ち撮影、なんて夢のようだ。1秒なら確率は70%、1/2秒だったら鼻歌ものでほぼ100%の確率でぶれ補正できる。
 このぶれ補正の制御アルゴリズムを設計したオリンパスの開発担当者に、大きな拍手と賞を送りたいと思うぞ。