8000mm相当の超々望遠撮影ができるコンパクトカメラ

ニコン・COOLPIX P900

 超々広角の魚眼レンズの話を続けたあとの今回は、一転、最大8000mm相当の超々望遠画角が手持ち撮影できるカメラの話。ニコンのP900である。

 それを使って撮ったのが下の写真だが、約3000mm相当にズーミングして手持ちで撮影。東横線の都立大学駅のホームから自由が丘方面に向かって走る電車を写したのだが、3000mmもの超望遠になると動くものを狙い通りのフレーミングで撮ることは難しい。三脚を使うなどすればもう少し簡単だったろうと思う。
 写真がなんだかモヤモヤして見えるのは、デジタルズームにしたせいもあるが空気中の水蒸気の"ゆらぎ"の影響が大きい。




 P900は一眼レフカメラふうのスタイリングをした高倍率ズーム内蔵一体型デジタルカメラである。内蔵ズームレンズは24~2000mm相当の光学83倍。デジタルズームを最大限にすれば約8000mm相当の超望遠となる。そこそこの常識的なサイズで写真を見る限り画質にそれほどの不満はないと思う。ただし過度な期待をしてはいけない。とにもかくにも「写る、写せる」ことを評価したい。

 カメラボディはめちゃくちゃデカい。便宜上の分類とはいえ"コンパクトカメラ"とはとても言い難い。
 並みの「レンズ交換式一眼レフカメラ」よりもずっと大きい。内蔵ズームを2000mm相当までズーミングするとレンズがぐーんと伸びて迫力は満点。ほら、こんな具合だ

 イメージセンサーは1605万画素の1/2.3型CMOS。レンズのF値はF2.8~6.5と意外と明るい。最短撮影距離は通常撮影モードのとき、24mm相当の広角端で約50センチ、2000mm相当の望遠端で約5メートル(実際はもう少し短い)。マクロモードを選ぶと広角端で約1センチまでAFで撮影可能となる。
 ISO感度はISO100~6400まで。Hi1としてISO12800も選べるがモノクロ(白黒)画像専用になる。Wi-Fi機能あり、NFC対応、GPSによる位置情報記録可能、などなどてんこ盛り。
 フラッシュも内蔵している(当たり前か)。しかしクリップオンの外部ストロボはホットシュー(アクセサリーシュー)がないので使用不可。ケチらずに、ホットシューぐらい付けといてくれよ。

 ほぼ同時に発売された24~1440mm相当ズーム内蔵のCOOLPIX P610も試したみた。気軽に超望遠撮影を愉しみたいなら、より小さくて軽くて、そしてP900の約半額のP610のほうがおすすめだが、でもしかし、どうせ買うなら少しぐらいデカくても超々望遠撮影ができるカメラのほうがいいじゃないかというご意見もわからぬではない。描写は、こころなしかデカいP600のほうが良かったかな、という感じでありました。
 P600の使い勝手の印象については次回に。