dp0 Quattroの21mm画角の描写

シグマ・dp0 Quattro

 dpシリーズのカメラについては、MerrillもQuattroも、どんな辛辣なことを言っても大目に見てもらえるというか、シグマもユーザーもそんな評価にはまったく意に介さず(勝手に好きなこと言ってなさい、この良さがおまえらにわかってたまるかっ)と軽く受け流してくれるところがある、とぼくは常々思っているのでこのdp0 Quattroについても、他のメーカーのカメラと大いに違って自由闊達に感想を述べることができて、それはそれで愉しい。

 いやそれよりも、dpシリーズについてありきたりな常識的な解説記事を読むほどツマらん気分になることはない、よね。




 dp0 Quattroの内蔵レンズは8群11枚構成の14mmF4である。フルサイズ判換算で21mmレンズの画角に相当する。
 前回のブログでdp0の使いこなしが難しいと言ったけど、それは21mmの超広角画角のせいだけではないような気もするのだ。ぼくの感覚的な印象なのだが、いままで多くの21mm画角のレンズを使ってきたけど、それらのレンズとdp0の21mmとはどうも違う感じがする。
 いままでの21mmはもっと気楽に撮影ができた。超広角だから画面周辺部には少しは気を使うけどアバウトに1~2歩踏み込んで撮影すればなんとか写真になった。

 超広角レンズでは大なり小なりディストーションが目立ったり、周辺部で描写が少しだらしなくなったりするのがごくフツーで、そうしたレンズは多くある。だからというわけでもないが、撮る側が多少いい加減に写しても、レンズ側もそこそこテキトーな描写だから、お互いに「ま、いいか」という甘い関係がある。

 ところがdp0の21mmは周辺部の歪みはなく肉眼よりも良く写る(見える)。描写は真正直というかクソ真面目というか、謹厳実直厳格ストレートな写りで、情状酌量というものがまったくない。だから撮る側が、襟を正し背筋を伸ばして真剣に写さないと ━━ やや大袈裟に言っておるんだが ━━ レンズ側がそれにきちんと反応してくれない、ようなところがdp0の21mmレンズにはある。ぼくはそんな気がする。Foveonセンサーの高い解像描写性がその真正直さを増幅しているところも大いにあるだろう。「まあ、えんやんか…」と甘えて寄り掛かると「なめるんじゃないっ」と二枚蹴りされそうなところもなくもない。

 と、まあ、そういうことなんだけど、dp0を少し使い込んでみればきっとぼくが言っている意味が少しは理解していただけるものと思う。そういう意味ではとってもオモシロいカメラですよね。