カシオのZR3000とZR1600

カシオ・EXILIM EX-ZR3000




 カシオのコンパクトデジタルカメラには……と、いまそこまで書いてハタと気づいたが、カシオにはレンズ固定式のコンパクトカメラしかないのである。あってもよさそうなメーカーなのに、ない。カシオは「レンズ交換式カメラは作らない主義」なんだぞうだが、ぼくとしては、ぜひ、カシオにこそ、いまこそ、レンズ交換式のデジタルカメラを作ってみてほしいと熱望しているのだけど、無理だろうなあ、中山さんというカメラ事業のトップがいるんだけど、とってもセンスのいい人だけどガンコだからなあ。

 いや、それは、いまどうでもいいとして、カシオのカメラは「プレミアムハイスピード」や「ハイスピード」、「スタンダード」、「ライフスタイル」という4つのグループにカテゴライズされている。それぞれのグループにはたくさんの機種がラインナップされている(ライフスタイル・グループだけがいまのところEX-FR10のみ1機種だけど)。

 さて、ここで紹介するEX-ZR3000は、カシオのコンパクトカメラの中核であるハイスピードグループのトップモデルになる。かつ最新モデルで発売は今年の7月。
 カシオが積極的にアピールしているZR3000の特徴は、BluetoothスマートとWi-Fiを使って撮影した画像をスマートフォンなどに自動転送できること。ところが、それは今年の春に発売されたEX-ZR1600でも同じだ。ZR3000もZR1600も、いっけんするとほとんど同じに見える。この写真の上がZR3000、下がZR1600。サイズは同じ、重さも同じ(1、2mm、1、2gの違いはあるだろうけど)。なぜ、カシオはそんなに見た目が同じようなカメラをラインナップさせているのだろうか。

 ZR1600は1610万画素の裏面照射型CMOS搭載で、内蔵レンズは25~450mm相当の18倍ズーム。いっぽうのZR3000は1210万画素で同じく裏面照射型CMOSで、レンズは25~300mmの12倍ズームである。繰り返すがボディサイズも重さも、カメラのデザインもスタイリングも同じ。
 このように、一部だけどスペック比較をしてみるとZR1600のほうがイイように思える。ところがどっこい、こと描写性能について言えば文句なしにZR3000のほうがイイ。クラスも価格もZR3000のほうが上。
 では、いったいナニが違うのか。
 使用しているイメージセンサーの「サイズ」が違うのである。ZR1600は1/2.3型だが、ZR3000は1/1.7型なのである。レンズも違うし、写りもぜんぜん違う。ZR3000の描写は、その上のクラスのEX-100やEX-10に匹敵、あるいはそれ以上の素晴らしい写りをする。

 いまのコンパクトカメラのセンサーの主流は1/2.3型で、1/1.7型センサー使用のカメラは珍しく、2/3型となるともっと数は少なくなる。そもそもカシオのコンパクトは1/2.3型が圧倒的に多く、1/1.7型は高級タイプの「プレミアムハイスピード」のグループに使用されているに過ぎない(ほんの一部、隠れ機種に1/1.7型が使われているが、そのハナシはまたの機会に)。
 ZR3000の「ハイスピード」のグループでは(なんと15種類もあるが)、唯一、ZR3000だけが1/1.7型センサーなのだ。

 ところが、カシオはそのこと ━━ ZR3000のセンサーに贅沢な大型を使っていること、とっても良く写ること、高感度の描写がいいこと ━━ について、まったく、いっさい、宣伝もアピールも、セールストークもなにもしない。ホームページの商品紹介でも、そのことにはまったく触れていない。いったい、どうしてなんだろうか…なにか、隠し事でも、大人の事情でもあるのだろうか。