ZR3000はおすすめのコンパクトカメラのひとつだね

カシオ・EXILIM EX-ZR3000




 EX-ZR3000は姿カタチこそEX-ZR1600とそっくりであるが、センサーサイズは違う、画素数は違う、レンズは違う、その写りもぜんぜん違う。そのへんの話は前回のブログですでに述べた。
 繰り返しになるが、ZR1600に比べるとZR3000のほうが描写性は格段に良い。とくに、夕暮れ時や暗いシーンなどでは、その差は著しく異なる。ZR3000が1/1.7型センサー、ZR1600が1/2.3型センサーの違いや、内蔵ズームレンズの性能の違いが出ているのだろう。センサーはどちらも裏面照射式で(たぶん)ソニー製だろう(いや、ZR1600は違うかもしれないが)。

 でもしかし、1/1.7型と1/2.3型のセンサーのサイズが違うだけで、こんなにも写りの差がはっきりしてるカメラも珍しいなあ。ぼくはそこに一番びっくりした。たとえば、PENTAX Qには1/1.7型と1/2.3型のセンサーを使ったカメラボディがあって、交換レンズは共通である。でも、PENTAX Qではセンサーの違いで画質が大きく異なるなんて、ぼくはそんな経験はほとんどしたことがない。
 ともかくZR3000は、一般通常の他社のコンパクトカメラと比べても"トップクラス"と言えるのではないだろうか ━━ 1インチ型など大きなサイズのセンサーを使ったカメラや、低倍率大口径ズームや単焦点レンズ付きのカメラは別として ━━ 。

 ZR3000に使っている25~300mm相当のズームレンズ、これがなかなかよろしいのだ(描写が良いのはこのせいかもしれない…)。望遠端と広角端とを比べると、25mm相当の広角端の描写のほうがいいのだけど、だからといって望遠側の描写が決して悪いということもない。アタリのレンズだと思う。
 ご存じのようにカシオは自社でレンズなど光学系を設計も製造もしていない。レンズ光学メーカーから「部品」として購入し、それをカシオ内で組み立てている。
 今回、ZR3000を使ってみて、おおっいいじゃないか、このレンズ、いったいどこのレンズだろうか…と俄然、興味が湧いたほど。一般的に、1/2.3型センサー用のズームレンズはあれこれのメーカーのものがあって選択肢は多いようだが、1/1.7型センサー用の高倍率ズームレンズとなると、そんなに数がたくさんあるわけではない。

 ちなみに、コンパクトカメラ用のズームレンズを作って販売、外販しているメーカーは台湾メーカーのほか、おもな国内メーカーとしてはオリンパス、HOYA、コニカミノルタ、京セラなどが思い浮かぶ。皆さんが馴染みのある有名メーカーの中でも、カシオと同じようにこうした専門レンズメーカーからレンズを購入して、なんとかかんとかのレンズブランド名を付けて売っているコンパクトカメラも少なくない。
 タムロンやシグマ、トキナーなども作っているのだろうか、どうなんだろうか、と想像を巡らしている人もいるかもしれないが、たぶん、それらのメーカーはコンパクト用レンズは作っていないと思う。どうでもイイような話だけど。