高感度の画質はなかなかのモンですぞ

ソニー・α7R II + Distagon T* FE35mmF1.4




 α7R IIは4240万画素の高画素フルサイズ判センサーを内蔵し、センサーシフト方式の手ぶれ補正で、 コントラストと位相差によるハイブリッドAFにして、AF/AE追従で最高5コマ/秒の高速連写が可能、さらに4K動画やスローモーション動画撮影もできるという、約40万円のレンズ交換式ミラーレスカメラである。
 ミラーレスカメラとしては、現在のところ「いよっ、大統領っ」と言える堂々たるスペックを備えている。
 でもしかし、使ってみたら期待したほど「おもしろい」カメラでもなかった。使っていても、今までのソニーのカメラのようなわくわく感が感じられない。いや、写りに不満があるということでは決してない。良く写るカメラで、操作性にもナンの不満もない。けど、イマイチ愉しくないカメラ。うわぁー、こんな写真が撮れたよ、ということが結局、一度もなかった。

 約2年ほど前に発売されたα7R(3640万画素、ローパスフィルターレス)のほうが撮影していて愉しかったし、昨年末に発売されたα7 II(2430万画素、ボディ内5軸手ぶれ補正)のほうがいい写真が撮れそうな"夢"もあった。
 つまりα7R IIは、α7Rとα7 IIを足して2で割って、画素数と動画機能を少しオマケして膨らませ、じょうずにくるくるっと丸めて仕上げたようなカメラ、という気もしないでもない。カメラとして大切な「あんこ」が入っていない感じ。

 とはいうものの、α7R IIを使ってみていちばん感心したことがあって、それは高ISO感度の画質が「予想以上」に良かったことだった。裏面照射型CMOSセンサーのおかげか。
 α7R IIのSO感度は通常がISO25600で、拡張モードをONにするとISO102400まで設定ができる。ちなみに同じフルサイズ判のニコン・D810は画素数は3635万画素で、通常感度がISO12800、拡張感度のHi1だとISO25600相当となる。ちょうど手元にD810があったのでα7R IIと比べてみた。まず、どちらもISO25600にして撮り比べてみたら、結果はα7R IIの大勝。確実に1EV以上の差があった。α7R IIのISO25600はD810だと、ISO12800と同等の画質に匹敵する。
 α7R IIのほうが高画素にもかかわらず高感度性能はいい。こうした現象は、今後もっともっと多くなってくるだろう。

 「高画素化すれば高感度の画質は悪くなるんだ」なんぞと大声で喚いて高画素化に文句ばかりの人、ほら、いまここで謝んなさい。