やはり、小型軽量ミラーレスカメラでは一押しかな

オリンパス・OM-D E-M10 Mark2 + M.ZUIKO DIGITAL45mmF1.8




 新型E-M10 Mk2には、従来のメカシャッター、先幕電子シャッターに加えて新しく完全電子シャッター(ローリングシャッター)が加わった。これはE-M5 Mk2と同じとなる。なお、最高シャッタースピードはメカ/先幕電子のときは1/4000秒(E-M5 Mk2とE-M1は1/8000秒)、電子シャッターでは1/16000秒となる。
 ただし、完全電子シャッターを活用して撮影するハイレゾショットの機能は、残念ながらこのE-M10 Mk2には搭載されていない。

 オリンパスでは先幕電子シャッターのことを「低振動」シャッター、完全電子シャッターを「静音」シャッターと名づけている。
 「静音」シャッターは文字通りなんの音もショックもない。E-M5 Mk2もそうなのだがシャッターボタンを押し込んでも「……」と、いつ露光されたのかさっぱりわからない。同じように完全電子シャッターを採用している富士フイルムのX-T1やX-T10のほうは、カスタマイズで擬音をON/OFFできる。そうしておいてくれればよかったのに……。

 メカシャッターのときは最高8.5コマ/秒(AF固定時、C-AFのときは4コマ/秒)の高速連写ができるが、完全電子シャッターだと最高11コマ/秒のもっと高速で撮影することができる。しかし、オリンパスはこのスペックを積極的に公表をしていない。カタログにもホームページにもどこにも書いていないのだ。
 理由は、想像するにだが、完全電子シャッターのモードにして高速シャッタースピードで動きの速い被写体を写すと、いわゆるローリング歪みが出てしまう。そのため11コマ/秒の機能を使って撮影したユーザーから、「こんなもん、歪んで使いものにならんじゃないかっ」とクレームをつけれるのを嫌ってダンマリをきめこんでいるんではないだろうか。ムチャをいうユーザーがたくさんいるからなあ、ほんと。

 ファインダー、EVFなのだけど、これがだいぶ良くなったということなのだが、ぼくにはイマイチその良さが実感できない。旧型E-M10と見比べてみると、少し良くなったかなぁ、というぐらいの印象しかない(ぼくがニブイせいかも)。
 ファインダー倍率は旧型から少しアップしたのだで、わずかだけど大きく見える(少しであっても、これはいいことだ)。ただし残念ながら(というか、これはしょうがないことなんだけど)E-M1やE-M5 Mk2のファインダーと見比べると見劣りがする。やはり上級クラスのカメラのほうがだいぶ良い。ぐんと広く大きく見える。
 でも、新型E-M10 Mk2では、236万ドットの有機ELを採用(プチ贅沢!)しているため、コントラストも彩度も高めでくっきりと見える。このへんは旧型に比べるとだいぶ良くなっておりますね。

 しばらく使い続けていくうちに ━━ その間に、他社のカメラもあれこれ同時に使ったが ━━ このE-M10 Mk2がだんだんと好きになってくる。なかなな魅力的なレンズ交換式ミラーレスカメラではないかなあというのがぼくの結論でした。発売されたらちょっと手にしてチェックしてみるといいでしょう。