PowerShotではG5 Xが一番のおすすめ、かな

キヤノン・PowerShot G5 X

 休日の六本木の早朝は予想外のモノに出くわすことが多い。
 この日はゴーカートが裏道(公道だぞ!)をエンジン音を轟かせて疾走してきた。ど、どうしたんだと尋ねてみると、公道が走れるように許可を取ったレンタカーだと。1時間2千円から、だって。カートの後には確かにナンバープレートが貼り付けてあった。このあと、2台のカートは音と排気ガスをまき散らしながら六本木通りを走って行った。




 キヤノンのPowerShot Gシリーズに限定をして話をするが、ぼくが1番目としておすすめしたいのはPowerShot G5 X。僅差で二番目がPowerShot G7X。
 三番目は飛ばして四番目にPowerShot G9 Xをおすすめしたい。五番目もひとつパスしておすすめ六番目にPowerShot G3 Xか。
 G3 Xは鳴り物入りの24~600mm高倍率ズームを内蔵した「意欲作」なのだが、どうも全体の仕上がりがイマイチ。コンパクトデジタルカメラの大切なチャームポイントであるきびきびした操作感が乏しい。キヤノンのカメラとしては珍しくツクリが「雑」な感じもする。

 Gシリーズで唯一大きな1.5型センサーを使っているトップモデルのG1 X Mk2のおすすめ度は、六番目のG3 Xよりもさらに低く、七番、八番を飛び越えて次の九番目だ。この際はっきり言うが、いまG1 X Mk2を選ぶぐらいならEOS Mシリーズにしたほうが「幸せ」になれる、と思う。
 「G5 X> G7 X>> G9 X>> G3 X>>> G1 X Mk2」、こんな感じか。

 G5 XとG7 Xはまったく同じレンズを使っている。9群11枚構成の24~100mm相当の8.8~36.8mmF1.8~2.8で最短は5cmのズームレンズ。G7 Xはほぼ1年前に発売されたカメラだ。そのレンズをそっくり最新型のG5 Xに流用している。いや、こうしたことは他のメーカーでも頻繁におこなわれていることだが、キヤノンがやるとヘンに「ケチって」いるように目立ってしまう(つらいよなあ、キヤノン)。
 G5 XとG7 Xの2機種は、レンズもセンサーも含め基本的な「中身」は同じ。異なる点といえば、 価格の違いと、ファインダーの有無、そして液晶モニターの可動方式の相違ぐらいだろうか。

 価格は、大型量販店価格でG5 Xが約7万6千円、G7 Xが約5万2千円。 ちなみにG9 Xは約6万円。ファインダーはG5 XにはEVFが内蔵されているがG7 Xにはそれがなく外付けEVFもない。外観はG7 Xはすっきりとスマート、対してG5 Xはおせじにも"かっこイイ"とは言えない。かなり無理のあるデザイン(ここでいうデザインとは備わっている機能や機構をカタチに仕上げるという意味、外観スタイルのことではない)。

 液晶モニターはG5 Xが横開きのバリアングル式、G7 Xは上下可動のみのチルト式。デジタルカメラのバリアングル式の可動モニターはだめです。好きとか嫌いじゃなくて、あれはダメ。視差が大きくずれてしまうのもダメな理由のひとつだが(他にもある)、しかしキヤノンはそのことには触れず、内蔵のEVFが「光軸の鉛直線上に配置」していると威張っている。そりゃヘンだよ。
 G5 Xがチルト式モニターを採用していたらダントツ一番だったのになあ…。