スマートフォン内蔵の「カメラもどき」のくせに…

アップル・iPhone 6S Plus

 アップルの新型 iPhone 6S Plus を、発売とほぼ同時に手に入れたものの、せっかくのカメラ機能がウリのiPhoneなのにそれを使って撮影することはほとんどなかった。ぼくにとって、iPhoneの使用目的は電話、メールのチェック、地図や検索などで写真を撮る道具ではない。
 ちょいとそのへんに出かけるときでも、スマートフォンは持たないことはあっても(よく忘れる)、しかし単体カメラだけは必ず持っていくぐらいだから、写したいと思ったときは迷わず単体カメラのほうを使う。扱い慣れたよく写るカメラがあるのに、スマートフォン内蔵の「カメラもどき」で写そうなんて気持ちにはならない。




 けれど、せっかく手に入れた新型iPhone、そうだ、いまどきのスマホ内蔵カメラの写りって、いったいどんなもんだい、ちょっと試してみようか、と単体カメラと撮り比べたりしてみたら、いやいや、ほんと驚きましたよ、ぼくの予想を遙かに越えるその写りの良さに。
 知人に聞くと、iPhone以外の新型スマホ内蔵のカメラでもそれくらいの、いやそれ以上の性能があるという。こんなに良く写る「カメラ」が、その存在をまったく感じさせないで薄くて軽いスマートフォンに内蔵されているのだから、そりゃあコンパクトカメラが売れなくなるはずだ、とあらためて感じ入った次第。

 というわけで、ぼくの iPhone 6S Plus に内蔵されている「カメラ」がどれほどの性能なのかちょっと調べてみたら、画素数は約1200万画素、イメージセンサーのサイズは(確かなことは不明だが)裏面照射の1/3型ぐらいのCMOSか。ピント合わせはもちろんAFで、なんと像面位相差AFの機能も備えているらしい。レンズはF2.2固定の単焦点で画角は約30mm相当、光学式手ぶれ補正の機構も内蔵している、と。ISO感度はISO25~2000までのオートのみ。WBもオート固定。
 静止画撮影モードでは約10コマ/秒の高速連写やパノラマ画像も撮影できる。動画撮影モードにいたっては、4K(30fps)、フルHD(30fps/60fps)、スローモーション(120fps/240fps)、タイムプラス……、「カメラもどき」のくせにすごいじゃないか。