スマホ内蔵カメラの画質について

アップル・iPhone 6S Plus

 iPhone 6S Plusに使用しているイメージセンサーのサイズは、多くのコンパクトデジタルカメラに使われている1/2.3型よりもさらに小さな約1/3型ぐらいの裏面照射型といわれている(正確なスペックは不明)。画素数は約1200万画素(こちらはアップルが公表)。
 そこで同じ1200万画素クラスのデジタルカメラ(センサーサイズは1/1.7型、4倍ズームレンズ内蔵、機種名は敢えて秘す)と撮り比べてみたのだが、見かけ上の解像感はiPhoneのほうがだいぶ優れている。諧調描写力はほぼ互角か。

 iPhoneは単焦点レンズだから写りがいいのだろう、といったって、たぶんオールプラスチックでレンズ構成は不明だが豆粒のようなレンズだ。いっぽうの単体カメラのレンズはといえば、4倍ズームではあるが10枚以上のガラスレンズを使っている。F値も明るい、堂々たるレンズだ。




 上の写真がiPhone 6S Plusのものだが、画面の中に太陽を写し込んでいる。撮影場所は代官山の西郷山公園。フレア/ゴーストはほとんど目立たずなかなか優秀。少しゴーストが出ていて、わずかにフレアっぽいぐらいで画面全体のコントラストはほぼ不満ない。木々の小さな葉っぱも見分けがつき、解像力は立派。

 こちらがオリジナル画像。露出補正もピント指定もしていない"ス"のままで撮影。4032×3024Pixelの大きな画像だ。

 この同じシーンを同じフレーミングで、1.0型センサーのコンパクトカメラ(約2000万画素)で撮って見比べてみたが、iPhone はかなり善戦している。フレア/ゴーストについては、単体カメラのほうがiPhoneよりも目立つ(ズームだから不利だとしても…)。画像を大きく拡大して見比べない限り、差はまったくない。
 暗い夜景でも撮り比べてみたが、iPhoneのほうはぎりぎりまで低ISO感度でがんばるようにプログラミングされていて(手ぶれ補正があるからだろう)、ノイズはそれほど目立たない。

 ただ、裏で画像処理をかなりあれこれやっているようで、とくにシャープネスは強めだし、彩度も高い。そのせいで見かけ上の解像感が高いのかもしれない。
 内蔵の光学式手ぶれ補正は驚くほどよく効く。1/4秒ぐらいのシャッタースピードでもほとんどぶれが目立たない。これにはびっくり。なにか特殊な画像処理を加えて、ぶれを目立たなくしているのではないだろうか。

 いずれにしろ、たくさんの画像処理を施して強引に見栄え良く仕上げているので、画質はぎりぎりの限界状況。言い換えれば、iPhoneの画質は「薄い=弱い」感じ。対して、単体デジタルカメラのほうは画質には「厚み=強い」感じがする。
 そのiPhoneの画像に後処理で、たとえば少しシャープネスやコントラストを加えると、とたんに画質は破綻する。iPhoneで写した画像はできるだけそのままで使用する、後処理をしない、というのがポイントかも。

 …でも、しかし良く写るよなあ、ほんとに。「カメラもどき」なんて悪口を言って、すまなかった。