制約の多い中、チカラを込めて作ったコンパクトカメラ

オリンパス・TG-5

 TG-5は(言うまでもないが)TG-4の後継機種。2年ぶりのモデルチェンジ。コンパクトカメラの開発にコストがかけられない現状で、がんばってよく仕上げたなあという印象。
 TGはToughの略で、このグループのカメラを「Tシリーズ」とオリンパスはよんでいる。防水、防塵、耐衝撃の機能を備えたコンパクトカメラのシリーズ。




 現在、オリンパスのホームページには、「TG-5」、「TG-4」、「TG-Tracker」のTG3機種がラインナップされている。しかし、TG-4もTG-Trackerも市場在庫のみで(おそらく)、いずれ近いうちにホームページからは消えてしまうだろう。

 となると、オリンパスのコンパクトカメラはこのTシリーズのみで、つまりはTG-5のただ1機種になってしまう可能性もなくもない。
 一時はマイクロフォーサーズのセンサーを使った高級コンパクトカメラ、という話もあったようだけど、ソニーとキヤノンに高級コンパクト市場をがっしりと抑えられている今となっては、その可能性はほどんど消えてしまったと考えていい(期待していたんだけどなあ)。

 というわけで、オリンパスとしては、防水防塵耐衝撃カメラとしてトップブランドとなったTシリーズをこれからも大切にしていくのだろう。
 新型TG-5を使ってみると、Tシリーズにかけるオリンパスの「やめるもんか」という意気込みがひしひしと伝わってくる。
 コスト制限が大前提のコンパクトカメラ作りであるが、その制限の中でオリンパスは工夫と努力を惜しまずやって、旧型TG-4とは「似て非なる」カメラに仕上げている。

 外観デザインや内蔵レンズ、操作系などはほとんど旧型そのままだが、あちこちできめ細かく改良や変更をしている。TG-1からTG-5までの中でもっとも改良の度合いが大きいのがこのTG-5だ。
 センサーサイズはほぼ同じだが画素数が1600万画素から1200万画素になった。と同時に画像処理エンジンがTruePic 7 から、E-M1 Mark2と同じTruePic 8 になった(贅沢っ!)。
 これにより、とくに高感度での画質が向上して、最高ISO感度もISO6400からISO12800と1EVアップした。

 新TG-5の画質は旧TG-4に比べて「かなり」良くなっている。とくに高ISO感度の画質向上が際立っている。
 1600万画素から1200万画素になって画素ピッチが大きくなったのだから当然・・・なんてトボけたことをいっちゃいけません。ソンなのほとんど関係ありません。
 センサーそのものが改良され進化していること、さらに加えて、優れた画像処理エンジンを使っていることや、画像処理技術が向上していること ━━ オリンパスはココを地道にがんばっていますよね ━━ それこそが画質が良くなったキーポイントだろう。

 ただし(と言って足もとをすくうようだけど)、画像処理の良さに比べて内蔵レンズの性能がイマイチ見劣りしてしまう。新TG-5になっても、なんとTG-1からのレンズをそっくりそのまま流用している(TGシリーズはすべて同じレンズ)。ここが唯一の残念。
 耐衝撃性や防水のためにズーミングしても全長が変化しなレンズであること、レンズがボディの中に収まっていること、そのために屈曲型ズームレンズを採用しているのだが、この屈曲型レンズがそもそも高画質描写には不向き。
 そのことはオリンパスは百も承知千も合点のことだなのだが防水耐衝撃のためには屈曲型採用はやむを得ぬ選択なのだろう。

 もしあなたがTG-5を使う機会があるとしたら、レンズの描写性のについてはあらかじめ心の準備をして"覚悟"しておいたほうがいいでしょう。レンズ描写はさておき、TG-5には他に多くの優れた点があるから、そちらに眼を向けて使いこなして愉しめばいいでしょう。


ちょいとわがままなDX対応のAF-Pレンズ

ニコン・AF-P DX NIKKOR10~20mmF4.5~5.6G VR+ D3400




 ニコンのDXレンズには、この10~20mmのほかに、18~55mmと70~300mmの「AF-P」レンズがある。
 AF-PレンズとはAF駆動用のアクチュエーターにステッピングモーター(STM)を使ったレンズのこと。きめ細かく、高速で、静かに駆動できるというメリットがあって、動画撮影に適している。
 ただしニコンのAF-Pレンズが使えるカメラボディが限られていたり、AF時に注意しなければならないカメラボディがあったり、ファームウエアをアップデートしなければならないカメラボディがあったりと、いささか、わがままで厄介なレンズ。
 購入時にはよくよく注意することです。

 AF-P DX NIKKOR 18~55mmF3.5~5.6G VR (2016年9月16日発売)
 AF-P DX NIKKOR 10~20mmF4.5~5.6G VR (2017年6月30日発売)
 AF-P DX NIKKOR 70~300mmF4.5~6.3G ED VR (2016年9月16日発売)

 この3本が現行のDX対応AF-Pレンズである。このほかFX対応AF-Pレンズが1本ある。

 DX対応のAF-Pレンズには、使用制限のほかにもう1つ「特徴」がある。手ぶれ補正(VR)レンズなのにレンズ鏡筒にはVRのON/OFFスイッチがないこと。手ぶれ補正のON/OFFはメニューの奥底のほうに下りていって、そこで切り替える(FXのAF-Pレンズには切り替えスイッチがレンズ鏡筒にある)。
 ここでぼくが戸惑ったのは(あわて者のぼくのせいだけど)、AF-Pレンズをカメラボディにセットしておかないとメニューのドコを探してもVRをON/OFFできないという仕組みを知らずにいて、長い時間をかけてメニューの中を行き来した。

 つまり、AF-P以外のレンズをセットした状態ではVRのON/OFF項目がメニューから消えているのだ。AF-PレンズをセットするとON/OFF項目が"突然"現れてくる。
 他のレンズをセットしたときはグレイアウトしている、なんてまぎらわしいメニュー表示ではなく、ハナから消してしまう。AF-Pレンズをセットせずにメニュー内を探し回ったというわけ。
 でも、考えてみるまでもなく、必要ないんだから消す、見せない、惑わせない、というニコンの、この姿勢はいいことだ。

 そもそも、レンズ内もボディ内も手ぶれ補正の機能については ━━ ぼくの超個人的な使い方だけど ━━ OFFにして撮影することは、ほとんどない。
 三脚を使った撮影でも、よほどの長時間露光の撮影時以外はONにしたまま。だからといって別段、悪影響があったという経験もないし、いやそれよりも好結果が得られたほうが多い(皆さんには積極的におすすめしませんけど)。

 レンズ鏡筒に手ぶれ補正のON/OFFスイッチがあると、バッグから出し入れするときにナニかが引っかかって知らぬ間にOFFになっていたというニガイ経験もしている。だから手ぶれ補正内蔵のレンズではON/OFFスイッチのところにセロテープを貼り付けて不用意に動かないようにして使っている。
 DX対応AF-Pレンズのように、スイッチなしというのはぼくにはうれしい(スポーツモードやアクティブモードの切り替えなんぞ、将来、完全自動化されるに決まっている)。

 ところで、なぜニコンは、まだ数は少ないとはいえVRのON/OFFをメニュー内で切り替える方式のレンズを出してきたのだろうか。きっと今後も増えていくに違いないと思うけど、なにか新しい手ぶれ補正の機能を搭載するための、その準備のための仕様ではないかと気になる。


安い軽い小さい手ぶれ補正内蔵超広角ズームレンズ

ニコン・AF-P DX NIKKOR10~20mmF4.5~5.6G VR+ D3400

 ニコンがこんな低価格なレンズを作れるわけない、きっとタムロンのOEM(またはODM)だろうと勝手に思い込んでいたのだけど、レンズを手にしてみると「MADE IN THAILAND」と刻印してある。タムロンは青森県、中国(佛山)、ヴェトナム(ハノイ)の3カ所にしか生産工場はない。
 そうなのか、ニコンのタイ工場で作ったレンズなのか(おそらく)。




 この新しく発売されたニコンの10~20mmは、画角が15~30mm相当のAPS-Cサイズ判用(DXマウント)の広角ズームレンズである。
 ニコンには現在、似たようなレンジのDX広角ズームレンズが、この新型も含めて「3本も」ラインナップされている。

 (1) AF-S DX Zoom-Nikkor12~24mmF4G IF-ED(2003年2月発売)
 (2) AF-S DX NIKKOR10~24mmF3.5~4.5G ED(2009年5月発売)
 (3) AF-P DX NIKKOR10~20mmF4.5~5.6G VR(2017年6月発売)

 価格は、(1)の12~24mmが18万900円、(2)の10~20mmが12万9千円、(3)の新型10~20mmが4万4820円である(いずれも税込み、メーカー希望小売価格)。おそらく(2)の旧型10~20mmは市場在庫のみで早晩、ラインナップから消えることだろう。

 こうして価格を比べると(3)の新型がずば抜けて低価格だ。
 加えて新型10~20mmは大変に軽量。サイズも小さい。重さを比べてみると、(1)の12~24mmも(2)の10~20mmも約460gの重さがあるが、新型10~20mmはなんと半分の、たった230gである。
 さらには、3本の中で新型10~20mmだけが手ぶれ補正(VR)の機構を内蔵している。
 「安い、軽い、小さい、手ぶれ補正内蔵」、これが新型10~20mmズームの最大の特長か。

 いつもの繰り返しのレンズ話だが、描写性能の良いレンズの目安は「高い、重い、大きい」である。ただし、この目安が難しいところがあって、逆に「安い、軽い、小さい」レンズは描写性能が劣るのか、だめなレンズなのか、というと、そうとは言い切れないのだ。中には、安くて軽くて小さいのに、そこそこの描写性能の例外レンズもあるのだ。こればかりは、実際に撮ってみないことには、なかなかわかりづらい。
 では、この新しい「安い軽い小さい」10~20mmズームレンズはどうかといえば、その「例外レンズ」だと思う。

 飛びっきり良く写るレンズというわけではないが、充分な描写性能がある。80点は与えてもいいと思う。もし、低価格のこと、軽い小さいレンズであることを考慮にいれるとすれば「90点レンズ」ではないだろうか。使ってみればわかるが、描写については、ぶつぶつと文句を言うようことは(たぶん)なにもないだろう。
 ただし、このズームのマウントはプラスチック、ズーミングにややぎこちなさのあること、手ぶれ補正がレンズ鏡筒のON/OFFスイッチ操作ではなくメニュー内で設定する・・・などの"コストダウン"をしている。
 そのへんが、どうしても気にくわん、って人にはおすすめしません。


一眼レフカメラとミラーレスカメラ

キヤノン・EOS M6 + EF-M 18~150mmF3.5~6.3 IS STM

 いまひとつ、キヤノンの「やる気」が感じられないEOS Mシリーズ。キヤノン本気のミラーレスカメラには期待してるんだけどなあ。




 キャノンのミラーレスカメラEOS Mシリーズには、いま、たった3機種しかラインナップされてない。ミドルモデルの新型M6、トップモデルのM5、そしてエントリーモデルのM10、この3機種だけ。M3がまだ"現役"だと思っていたらキヤノンのホームページから消えてなくなっている。
 M10はコンパクトデジタルカメラよりもやや"気まし"といった感じのカメラである。こうして見ると結局、キヤノンのミラーレスカメラとして堂々と市場で勝負、ということになればM5とM6の2機種だけになってしまう。
 あのキヤノンのことを考えれば、「2機種プラスワン」なんて、なんだかちょっと淋しくないか。

 同じレンズ交換式カメラのEOSのシリーズとして、キヤノンの一眼レフカメラとミラーレスカメラを比べると、このMシリーズは同じメーカーが企画し設計し製造しているとは思えないところがなくもない。
 「どこが?」と問われても具体的に答えにくい。感覚的なもので「ここ、あそこ」と説明するのが難しい。ただ、なんだかよくわからないが「違う」感じがする。
 キヤノンの場合、一眼レフではほとんど「迷い」は感じられないのだが、ミラーレス(EOS Mシリーズ)はどこか自信なさげで「迷い」が見え隠れしている。

 その違いは、すなわちキヤノンの一眼レフとミラーレスのカメラづくりの考え方(フィロソフィー)の違いなのかもしれない。

 キヤノンは、ニコンもそうだが、いまのところ一眼レフカメラのほうに軸足をしっかりとおいている。しかし将来、カメラの世は、たぶんレンズ交換式カメラはミラーレスが主流になっていくだろう。一眼レフカメラはなくなりはしないだろうけど、市場も数も大幅に狭く少なくなり、ミラーレスカメラの時代になる。

 しかし、古くから一眼レフカメラを作り続けてきた古くからのメーカーは ━━ いまとなってはキヤノン、ニコン、ペンタックスの3社のみか(ソニーはやや異質) ━━ 一眼レフカメラに強いこだわりを持っている。大切にしたい、続けていきたいという気持ちも強い。いま、そのハザマにあって、ミラーレスカメラに一歩踏み込もうかどうか、こころは千々に揺れ動いているのじゃないだろうか。
 
 一眼レフカメラは精密なメカニズムと光学系の塊だ。デジタル一眼レフカメラはそのメカニズムと光学系のプラットホームの上にデジタル機構がぽんっと乗っかっているだけようでもある。デジタル一眼レフカメラはデジタル機構がどれだけ進化しても古くからのメカや光学の機構は厳然として残るだろう。
 たいして、ミラーレスカメラはデジタルの機構が主役でそのまわりにメカニズムや光学系が取り付いてカタチをなしている。ミラーレスカメラではデジタル機構が進化していけばメカニズムや光学系が省略されたり簡略化される。カメラの大部分が電気仕掛けになる可能性だってなくもない。

 これからはカメラの世界は一眼レフからミラーレスに移行していく。繰り返すがこれははっきりしてる。でも、だからといってキヤノンもニコンも手のひらを返したように、すぐにミラーレスの世界に飛び込む気はない(ペンタックスは余裕がないから飛び込めないが)。でもミラーレスカメラの展開が気になってしようがない・・・。

 キヤノンのミラーレスEOS Mシリーズと一眼レフEOSシリーズを同時に使っていると、そんな、こんなを感じてしまいます。


やや平凡な感じのするミラーレスカメラ

キヤノン・EOS M6 + EF-M 18~150mmF3.5~6.3 IS STM

 M5はEVF内蔵だが、M6はEVFは内蔵せず外付けのEVFファインダーが用意されている。量販店の実販価格だがM5は約11万円、M6にはEVFキットというのがあってファインダー付きで約11万円。ファインダーレスだと約10万円。
 両機種を同時に使ってみて、M5のほうがだいぶ良かったです。やはりミラーレスカメラはEVF内蔵は必須だと感じました。




 「好きか、好きでないか」、というミーハー的レベルで言えば、ミラーレスカメラよりも一眼レフカメラのほうが好きだ。
 ミラーレスと一眼レフとカメラとして比べれば、ミラーレスのほうが利点は多い。構造上も製造上も使い勝手の上でもミラーレスカメラのほうが良いところがたくさんある。だがしかし、好きかそうでないか、といった理屈でなく情緒的な基準で言えば(ぼくの場合だけど)だんぜん一眼レフカメラである。
 飛躍的な例えだけど電気自動車とガソリンエンジン車と比べれば(くどいがぼくの場合)、文句なしにガソリンエンジン車が好き、というのと似ているかな。

 というわけで、キヤノンのミラーレスカメラ・EOS M6の話である。

 キヤノンのカメラづくりの傾向を見ると現在のところ軸足はしっかりと一眼レフカメラにあって、ミラーレスカメラ、そう、EOS Mシリーズのほうは、「ま、ついでにやっとくか」という感じがしないでもない。キヤノンのチカラの入れ具合に、一眼レフとミラーレスにだいぶ温度差がある。
 新型M6を使ってみると、なんとなくそんな感じがする。キヤノンが<本気>を出せばもっともっと魅力的で性能の良いカメラに仕上げてくるだろうに、と思わせるところがあった。

 M6や、他のEOS Mシリーズを使ってみると、他社のミラーレスカメラに比べると「もう少しガンバッテね」と思ったことがある。起動の遅さ。
 メインスイッチをONにしてから、モニター画面が表示されたり、AFの測距がスタートしてシャッターが切れるまでが遅い。キヤノンらしくない。
 とくに、背面液晶モニターではなくEVF ━━ M6なら外付けのファインダー、M5なら内蔵ファインダー ━━ を覗いたまま電源スイッチをONにすると、うーむ、遅い。真っ暗な画面をしばらく見続けてなければならない。

 ボディ背面の液晶モニター画面はそれほど長く待たなくても表示されるが(それでも他社ミラーレスに比べると決して速いとは言えないけど)、EVF表示が遅い。
 電源ONにしたままでスリープ状態になりモニター画面が消えて、その状態でシャッターボタン半押しなどでカメラを目覚めさせてもモニター表示までしばらく時間がかかる。一眼レフカメラのあの素早さに比べると、ミラーレスカメラのノンビリさが際立つ。

 こうした傾向は他社のミラーレスカメラでも、少し以前の機種ではときどきあったのだけど、最近の機種ではそこそこスピーディーになりレスポンス良くなってきている。だから、EOS Mシリーズのカメラを使うと、余計に「遅い」と感じる。

 M6には他社のミラーレスカメラにないような注目すべき撮影機能や斬新な機構があるわけではない。平凡で、ごくオーソドックスなミラーレスカメラである。しかし使っていて(起動の遅さ以外は)これといった不満はほとんどない。さすがキヤノン、ソツなくじょうずにミラーレスカメラとしてまとめあげている。

D7500についてあれこれ

ニコン・D7500 + AF-S DX NIKKOR 16~85mmF3.5~5.6G ED VR

 D7500を見て液晶モニターがチルト式だったので「ほっ」として、それでいっぺんに好きになりました。




 前回ブログのつづき。
 新型D7500と同じDXフォーマットのD300とは大きな「相違点」がある。D500はXQDカードとSDカードのデュアルスロットなのに対して、D7500はSDカードのみのシングルスロットであること。
 D500はXQDカードとSDカードを「同時併用」することを前提にしてデュアルスロットにしているのではなさそうで、XQDかSDかどちらでも使えるように、と2つのスロットを用意しているのだろう。ハナっから、SDカードしか使わない、といったユーザーには(ぼくがそうだ)D500のXQD/SDデュアルスロットにそれほどの価値を感じない。必要だ、という人もいるだろう。だから否定しているわけではない。でもぼくはD7500のシングルスロットでじゅうぶん、それで不満ないです。

 D7500には左肩に回転式のモードダイヤルがある。D500はD810やD5と同じようにボタンとダイヤル操作でモード変更する方式。
 D500のモード変更方式は、操作がちょっと厄介に感じるだろうが「誤って」知らないうちにモードが変更されてしまうという心配はない。失敗のリスクを徹底的におさえたいプロにとってはボタン+ダイヤル操作のほうが安心できる。D7500のダイヤル回転式は素早くモード変更できるという利点はあるが、露出モードなどいったん決めたらそうそう頻繁に変更なんてしない、というユーザーには(ぼくがそうだ)操作簡便なダイヤル式にこだわりはない。
 D7500もD500も液晶モニターはチルト式。めちゃくちゃ使いにくいバリアングル式でないことにニコンの高い見識を感じる。

 ところでファインダーだが、倍率についてはD7500が0.94倍、D500は1.0倍と、この数値だけを比べればD500のほうが良いのだけど、いやいやチョット待てよ、アイポイント長はどうなんだ、といえばD7500が18.5mm、対してD500は16mmしかない。これちょっと短すぎないかな。
 アイポイントが長い利点は、めがねをかけてファインダーを覗いても画面全体を容易に見渡すことができること。デメリットはファインダー画像が小さく見えること。逆にアイポイントが短いとファインダー画像は大きく見えるが、しかしファインダー接眼部にぴったり密着させるようにして覗かないとファインダー画面全体を隅々まで見ることが難しい。

 どちらがいいか。裸眼の人はいいだろうけど、メガネ常用者のぼくとしては、少しぐらい小さく見えても(大きく見えるに越したことはないが)画面全体が見やすいアイポイントの長いファインダーのほうがいい(個人的評価)。
 ちなみに、一眼レフのファインダーにこだわりのあるPENTAXはK-3 IIもKPも、ファインダー倍率は0.95倍で、アイポイント長は22.3mmもある。キヤノンのEOS 7D Mark2は倍率1.0倍でアイポイントは22mmである(エラい)。

 このほかにも、ファインダー光学系のデキの良さ(歪みがなく、収差も少ない)も、良いファインダーのためには重要なチェックポイントになるというわけです。ファインダー光学系の設計は(OVF、RVFを問わず)レンズ1本を設計するほどの「力量」が必要だといわれている。

 話はかわるが、D7500とD500の話で、ひとつ大事なことを言い忘れていた。といっても、そんなこと皆さん百も承知千も合点のことだけど。
 D7500のセンサーはD500と同じで、2088万画素、常用感度も同じ、拡張最高感度のISO1640000相当も同じ。
 つまりスペック上は「同じ画質」であるはずが ━━ 以下、完全に個人的趣味による印象だが ━━ D500の画質(とくに色調)よりもD7500の画質のほうがだいぶ「良くなった」ように感じた。

 少なくとも旧型D7200よりも<格段に>良くなっているのは確かだ。D7500はこってりとして色に深みがある。立体描写感もアップしたような、そんな感じか。オートホワイトバランスも、さらに安定したようだ。
 これについては異論もおありになるでしょうけど、こと「画質」については、いま、現行ニコンのカメラすべての中でD7500がいちばん「好き」ですね、ぼくは。